なぜ日本の洗濯機は水で洗うのか

ドイツ語の授業の時、先生が、なぜ日本の洗濯機は水で洗うのか、と言いました。
日本は家電に関して最先端を行くのに、なぜ?わからない、という疑問があるそうです。
私は、ドイツの洗濯機が温度設定が出来て、基本的にお湯で洗うことに最初は驚きました。今は日本の洗濯機も設定できるものがあるようですが。
そして、その時は、水質が違うからでは?(私の意見)、日本の洗剤は強いから、お湯で洗う必要はないのでは?(先生の意見)という話になりましたが、本当の理由は私も先生もわからず。

ということで、家に帰って来てからネットで検索してみたら、やはりそういう疑問を書いている人はたくさんいましたが、どれが本当の理由なのかいまいちわかりませんでした。
洗濯機メーカーの技術者の人でも書いてくれていたら正しい答えがわかりそうですが、それらしいものは見つけれらませんでした。

汚れを落とすために、水質は関係ないと書いている人もいれば、やはり硬水・軟水の違いは関係あると書いてある人も。
普通の汚れならお湯で洗っても水でも洗ってもそれ程変わらないとか、強い汚れには40℃以上と書いている人も。
そして、日本では洗濯物は外に干すことで殺菌作用があるからお湯でなくてもいいのではないかという意見も。

なるほどと思ったのは、汚れ方がヨーロッパと日本では違う、と書いている人がいたこと。
汚れ方というのは下着類のことですが、ヨーロッパでは高温多湿ではないので毎日下着を変えないことが普通(多分昔の話?聞く人もいないので今後も知ることが出来ません・・・)だったので、それなりに汚れが蓄積される、だから高温で洗う必要がある、それが今の時代も継続している、でも日本では汗をかくということから毎日変えることが普通、だから汚れがそれ程蓄積されない、だから水でも十分おちる、とのこと。

いずれにしても、その国に合わせた技術開発がされているはずなので、日本の洗濯機は水で大丈夫なのでしょう。そしてそれにあわせた洗剤が開発されているということなのでしょう。

ネットを読んでいたら、お湯で洗うと言うことはそれだけエネルギーをつかう事になる、と書いている人がいて、それはそうだ、と納得。ドイツではエコエコと言いながらも洗濯はお湯というのが一般的らしいのでそれはどういうことなのか?という疑問も。洗濯回数が少ないらしいので問題ないのかも?
エコと言えば、ごみの問題も色々。ドイツは分別が厳しいと言われているようですが、日本の方が細かくて厳しいのではないかと感じます。もちろん地域にもよりますが。
先生には、日本人は使えるものでもすぐ捨てるというイメージがあるようです。以前そんなことを言っていました。

国それぞれエコの取り組み方は違うので何とも言えませんが、出来るだけ余分な物は買わないようにして、物を捨てないようにしないといけないのでしょうね。

洗濯機の水の話からエコの話になってしまいましたが、結局、なぜ日本の洗濯機は水で、欧州はお湯なのか。気になる疑問でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
Commented by karatodai at 2013-05-05 08:19 x
そう言われるとわかんないですね
でも、冬場は日本でもお湯を使ったらいいなぁと思うんです
粉の洗剤を使ったら冷たすぎて溶けてない時があって洗濯物にベットリ付いてたことがありそれ以来液体洗剤に切り替えました。
香りの良いものがたくさんでたので楽しみもあるんですよ
毎回たくさんの種類を買いすぎます…洗濯機の周りはもう置くところがなくなりました(≧∇≦)
Commented by withflute at 2013-05-05 18:57
karatodaiさん、液体の方が残らないような感じですよね。もちろん粉洗剤も溶けやすいようには開発されているとは思いますが。
私は、実はにおいが強いものが苦手で、出来れば無臭がいいです^^;こちらの洗剤は香りがきつくて(私にとって)最初はかなり気になりました。もう慣れてしまいましたけど。
karatodaiさんは新しいもの好きですか^^?
Commented by あお at 2013-11-24 19:39 x
こんにちは!
私も冬は粉洗剤の溶け残りが気になるのでお湯が使える洗濯機が欲しいです。
「バイオ酵素配合!」を歌い文句にしてる洗剤も多いですが、酵素って温かいほうが働くように習った気もするし。
洗濯回数の違いは納得がいきました。日本は毎日洗うけど、外国は結構一週間くらい溜めて一気に片付けることが多いみたいですね。・・・日本でも一人暮らしで洗濯物少ないと毎日は洗濯しないんですけどね(><;)
Commented by withflute at 2013-11-25 01:55
あおさん、こんにちは!
粉末だと確かに残る時がありますね。お湯だときれいに溶けそうですが。
人数が少なければ毎日選択する必要はありませんよね。私も一人暮らしの時は週に1,2回だったと思います。もったいないですからね^^
Commented by なたり at 2014-04-19 08:44 x
通りすがりのものです。欧米で高温洗濯機が一般的なのは、ブログにもかかれているとおり、硬水であることが関係しています。硬水だと石けんが泡立ちづらく、低温の水だと石けんかすがたくさんでてしまうのです。硬水でも高温で石けん洗濯すれば石けんかすも出ず、白いものは真っ白に洗いあがるため、高温洗濯機が一般的なのです。
私は関東在住ですが、普通のドラム式洗濯機で、洗面台の蛇口からバケツに汲んだ40℃のお湯で洗濯しています。やはり日本でも、ある程度の温水洗濯は効果があると思います。
Commented by 通りすがりの英国在住 at 2015-08-12 22:21 x
別の通りすがりです。英国人の友人曰く、こちらでは水が貴重だったし石鹸は泡立ちにくいから、そもそも洗濯の基本が「叩きつけて汚れを落とす&高温で殺菌する」という考え方で、日本の「豊富な水を使い強い水流で汚れを落とす」という考え方と根本的に違うからでは?とのことでした。あと実感としては高温&叩きつけ方式だと基本的に洗濯物の傷みが早いと感じています……。水温は常温に近い方が傷まなのでは、と思います。
by withflute | 2013-05-03 23:38 | ドイツの日常 | Comments(6)