映画『紙の月』

映画『紙の月』を見てきました。原作は角田光代さんの『紙の月』。

主人公はパートから契約社員になった銀行に勤める女性。
知り合った大学生と付き合うようになり、いつからか銀行のお金にも手を・・・。

まだ原作を読んでいないのですが、映画の最後の終わり方が唐突だったような気がするので、原作を読んでみたいと思いました。
主役の宮沢りえさんのイメージが今までとかなり違って、さみしい女性を演じる姿がなかなかはまっていたと思います。
結局、この主人公の女性がこうなってしまったのは、夫が奥さんのことをあまり理解していなかったから?

e0195766_23292137.jpg

映画の後に釜揚げうどん。もちもちして美味しいです。

e0195766_23292387.jpg



[PR]
by withflute | 2014-11-23 00:15 | 音楽と好きなもの | Comments(0)