カテゴリ:旅 オーストリア( 44 )

Austria ザンクト・ギルゲンの町並み

ザンクト・ヴォルフガングゼーの次に立ち寄ったのは、ザンクト・ギルゲン。

ここもザンクト・ヴォルフガング湖畔にある町で、モーツアルトにゆかりのあるところ。
e0195766_19471940.jpg
e0195766_19472558.jpg
e0195766_19473166.jpg
e0195766_19475218.jpg

市庁舎の前にある、子供時代のバイオリンを弾くモーツアルト像。
e0195766_19474263.jpg
e0195766_19474759.jpg
e0195766_19475760.jpg

モーツアルト自身がこの町に住んだことはないとのことですが、モーツアルトの姉ナンネルがこの町に嫁いだことと、モーツアルトのお母さんの生家があるので、モーツアルトゆかりの町と言われているそうです。
ここは、モーツアルト母の生家で、今はモーツアルト展示室となっています。
私が見たかったのはここと、民族楽器博物館なのですが、どちらも昼休憩で15時くらいまで閉まってしまうようで、残念ながら両方とも外を見るだけでした。
e0195766_1948481.jpg
e0195766_19503359.jpg
e0195766_19503970.jpg
e0195766_19505220.jpg

この町はツヴェルファーホルンのロープーウエイがあって、山の上にあがって湖を見ることができるようです。
e0195766_19505985.jpg

ちょっと肌寒いザルツカンマーグート地方でしたが、きれいな湖を見てのんびりした気持ちで過ごしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-08-08 02:25 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria ザンクト・ヴォルフガング

シャーフベルク鉄道で町まで戻って来たら、とうとう雨が降りだしてしまいました。結構強い雨。
傘をさしつつザンクト・ヴォルフガングの町を散策して、夕食を取ることにしました。
なぜかこの町に来る時はシュニッツェルを食べようと決めていて、シュニッツェルのあるお店を探して、ここに入りました。
e0195766_19403676.jpg

シュニッツェルはびっくりするほどは大きくありませんでしたが、ジャガイモはやっぱり多すぎるかな~。
でも美味しかったです。パスタもゆるすぎず美味でした。
e0195766_19404252.jpg
e0195766_19404728.jpg

今回泊まったのは、Pension Enzian。客室が3つのペンションです。
部屋も広く、朝食もハムやチーズ、パンもたくさんでてきて、よい所でした。
e0195766_1941840.jpg
e0195766_19411928.jpg
e0195766_19412667.jpg
e0195766_19413216.jpg
e0195766_1941377.jpg

ペンションの前には庭が広がっているのですが、そこの花もきれいでした。e0195766_1942574.jpg
e0195766_19421292.jpg

そしてこのペンションは窓からシャーフベルク鉄道が走っているのが見えます。鉄道の出発駅のすぐ横にあるペンションでした。
e0195766_19421841.jpg
e0195766_19423936.jpg
e0195766_19433332.jpg

日曜日の午前中は雨は降らず、まずまずの天気でした。ザンクト・ヴォルフガング湖の周りを散策して、隣町へ移動しました。
e0195766_1944159.jpg
e0195766_1944734.jpg
e0195766_19454092.jpg
e0195766_19454656.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-08-07 04:24 | 旅 オーストリア | Comments(2)

Austria 再びザルツカンマーグート地方へ

もう1ヶ月以上前のことになりますが、6月の終わりに訪れたオーストリアのザンルツカンマーグート地方のことです。

昨年の9月に同じ場所に行ったのですが、景色がとてもきれいだったので今年もまた行きたいと思っていて今回行って来ました。
ただ、天気がいまいちでしたが・・・。

まずはモントゼー Mondsee へ。
モントゼーは町と同じ名前の湖があるところ。
e0195766_19295392.jpg
e0195766_1930379.jpg

ここは、教区教会 Pfarrkirche。
教会の上の空がどんより曇っていました…昨年も同じ景色だった気が。
昨年はちょうど結婚式をしていたため教会の中を見ることが出来ませんでしたが、今年は入ることが出来ました。映画『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐とマリアが結婚式を挙げた教会です。
e0195766_1930105.jpg
e0195766_19301522.jpg
e0195766_1930579.jpg
e0195766_1931582.jpg

少しモントゼーを散策した後は、ザンクト・ヴォルフガングゼーへ。ここも湖と町の名前が同じです。
ここへ来た目的は、シャーフベルク登山鉄道。
昨年これに乗った時は本当にきれいな景色を見ることが出来て感動したので、今年もぜひ!と思ったら天気が土曜も日曜もいまいちかもしれないということで、土曜日に乗るか日曜日に乗るか迷いましたが、土曜日の午後に乗ってシャーフベルクに登ってきました。
e0195766_19324478.jpg

山頂へ上がっていく時はまだまだ天気は大丈夫。窓から湖も見えました。
e0195766_19325027.jpg
e0195766_1933440.jpg
e0195766_19331232.jpg

シャーフベルク山頂に到着。1783mです。
e0195766_19332666.jpg

お昼ご飯がまだだったので、軽く食べようと山頂のカフェで。
寒かったのですが、せっかくなので山を見ながらと思ってテラス席に座りましたが、食べていたらあっという間に辺りは真っ白。霧が出て来てしまい何にも見えなくなってしまいました・・・。

e0195766_19333432.jpg

e0195766_19343340.jpg
e0195766_1934416.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-08-06 22:45 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria 湖上オペラ 『魔笛 Die Zauberfloete』

先週の日曜日、オーストリアのブレゲンツ Bregenz で湖上オペラを見ました。
今年の演目は、モーツアルトの『魔笛 Die Zauberfloete』。
e0195766_7324185.jpg
e0195766_7325389.jpg

ボーデン湖に設営された舞台で催される野外オペラです。
開演は21時15分。暗くなった頃に始まりました。
e0195766_733548.jpg

今年はこんなユニークな舞台装置。演出には本物の火も使われるという迫力も。
e0195766_7331519.jpg

昨年、同じ時期の日曜日に行った時は結構空席があったのですが、今年は満員でした。チケットもほぼ完売だそうです。やはり魔笛という人気のあるオペラだからでしょうか。
e0195766_733376.jpg

夜の女王のアリア『Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen』の時は拍手が。あのソプラノはやはり凄い!
オーケストラはウィーン交響楽団。オーケストラは室内での演奏ですが、スクリーンで演奏の様子を見ることが出来ます。
今年のオペラはドイツ語だったので、歌の部分だけドイツ語で字幕が出ていました。昨年はその字幕が全く見えない位置に座っていたのですが今年はばっちり字幕が見える席でした。
e0195766_7334792.jpg
e0195766_7335795.jpg

昼間は暑くてぐったりしましたが、夜になると雲が出てきて雨が降るのではないかと心配でしたが、肌寒くなったくらいで雨は降りませんでした。ちなみに昨年は内側にフリースが付いている冬用ジャケットを着ていましたが、今年は薄い夏用カーデガンにミニブランケットを椅子に敷きました。

昨年から楽しみにしていた魔笛を見ることが出来て本当に良かったです。フルートのソロも聴けたし、歌も良かったし、室内で見るオペラとはまた違った雰囲気の舞台を楽しむことが出来ました。
来年も行きたい!、と言いたいところですがそれはムリなので、最後に魔笛を見ることが出来て良かったということにしておきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-07-30 17:34 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria フェルトキルヒの町並み

リヒテンシュタインからミュンヘンへ戻る途中、寄り道をしてフェルトキルヒ Feldkirch というオーストリアの町を訪れました。
この日はオーストリアのガイドブックは持っていなかったので帰ってから見てみたら、1ページだけでしたがちゃんとこの町も載っていました。

少し高い所から町を見ると緑の尖塔を持つ教会が目に飛び込んできました。背の高い建物が少ない街なのでこの塔は目立ちます。
聖ニコラウス教会 Dom St. Nikolaus。左奥の塔はねこの塔 Katzenturm。
e0195766_5192413.jpg

まずは、シャッテン城 Schattenburg へ。小高い丘の上に建ってるので階段を上って行きました。
ここは13世紀に造られたもの。中は郷土資料館になっていて、レストランも併設されていました。
e0195766_5193923.jpg
e0195766_5202128.jpg
e0195766_5204326.jpg
e0195766_5211314.jpg
e0195766_5213164.jpg
e0195766_5215036.jpg
e0195766_522824.jpg

ピアノの鍵盤が白黒逆ですね。ということはモーツアルト時代のピアノということでしょうか。e0195766_5222853.jpg
e0195766_5225317.jpg
e0195766_5235956.jpg
e0195766_5253124.jpg
e0195766_5255064.jpg

ねこの塔。なぜ、ねこの塔というのでしょう?
e0195766_5262757.jpg

e0195766_5265034.jpg
e0195766_527788.jpg

イル川。
e0195766_5272329.jpg

粉ひきの塔 Pulverturm。e0195766_5281328.jpg
e0195766_5283084.jpg

教会の鐘の塔に人影が・・・と思ったら人形でした。
e0195766_5284660.jpg

天気があやしくなってきたので最後にカフェでコーヒーを飲んでミュンヘンへと戻りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-07-24 23:41 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria シェーンブルン動物園

ウィーンフィルコンサートの翌日は午前中にシェーンブルン宮殿へ行ってきました。
午前中は幸いにも雨は止んで曇り空。
e0195766_3403967.jpg

ハプスブルグ家の夏の離宮として使われていたシェーンブルン宮殿。シェーンブルンとはドイツ語で美しい泉という意味で、大きな敷地の中に建つ宮殿ですが、その敷地には動物園や温室もあります。
e0195766_3405618.jpg
e0195766_3411565.jpg

今回は宮殿には入らず、動物園へ行ってみることにしました。
ウィーンに来て動物園?でもここは現存する世界で一番古い動物園。そして、この動物園にはコアラとパンダがいるのです。
入口を入ってすぐのところにコアラとパンダの部屋があったので目的の動物はすぐ見ることができました。
でも、コアラは全く動かず、お休み中でした。
e0195766_341436.jpg

次はパンダ。
パンダは二頭いて、一頭はずっと笹をむしゃむしゃ。耳がかわいい。
こっち向いてくれないかな~と思ったのですが、ずっと背中を向けて座っていました。やはり人間がいる方を向いて食べるのはいやなのでしょうね
e0195766_3421081.jpg
e0195766_3424064.jpg

もう一頭は部屋の外でうろうろ~。
e0195766_343258.jpg

ペンギンもいました。
ペンギンは3種類くらいいましたが、このペンギンが私の中のペンギンのイメージにぴったりでした。
みんな日が照っている方を向いて立っています。日向ぼっこ?
e0195766_3432387.jpg

動物園の中にあるカフェで休憩。カイザーパビリオン KaiserPavillon というここも歴史ある建物だそうです。
カフェの中はとても豪華。
e0195766_3434531.jpg
e0195766_34417.jpg

カイザートルテ(チョコレートケーキ)とマーブルケーキ(名前が難しくてわからなかった・・・)
e0195766_344272.jpg

ガラス張りの温室。
e0195766_3445448.jpg

宮殿と向かい合う丘の上にはグロリエッテというギリシャ建築の記念碑。
e0195766_3451159.jpg

シェーンブルン宮殿も大きいですが、動物園もかなりの大きさでした。コアラ、パンダ、ペンギンの他にももちろん色々な動物がいて全部を見て回ったら結構時間がかかりそう。でも結構楽しめる場所だと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-05-16 23:39 | 旅 オーストリア | Comments(2)

Austria ウィーンフィルのコンサート

先週末、ウィーンでコンサートを聴いてきました。
昨年の大晦日にウィーン交響楽団の第九を聴いたコンツェルトハウス Konzerthaus で、今回はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker のコンサート。
ウィーンフィルはニューイヤーコンサートがとても有名ですがチケットを取るのは結構大変。でもせっかくヨーロッパにいるなら一度は聴いてみたい楽団のコンサート。ということで今回初めて聴きに行ってきました。
e0195766_4365332.jpg

コンサートが始まる前に数人の演奏者がレダーホーゼを着てロビーで演奏していました。
e0195766_4371598.jpg

今回の曲目は
バレエ音楽"ドンファン" Christoph Willibald Gluck: Don Juan, Ballettmusik
交響曲 第85番 変ロ長調 Joseph Haydn: Symphonie B-Dur, Hob. I:85, "La Reine"
交響曲第3番変ホ長調『英雄』作品55 Ludwig van Beethoven: Symphonie Nr. 3, Es-Dur, op. 55 "Eroica"
どの曲も良かったけど、2曲目が色々な旋律が出て来て楽しい曲でした。
3階席でしたが充分楽しめました。

この日ウィーンは一日雨で、コンサートのあった夕方もかなり雨が降っていたので、ワンピースを用意していったのですが、結局黒いパンツにブラウスという普通の格好で行きました。
夕方のコンサートということもあり、服装に凝った人は殆どいなくてちょっと安心しました。
男性はネクタイにジャケットの人はちらほらいましたが、女性はワンピース姿の人を少し見たくらい。
こういうコンサートに行く時は服装をどうしようかと考えてしまうのですが、昼間ならやはりそれ程気にしなくてもいいようでした。
e0195766_4373365.jpg

コンサートは18時前に終了したので、ウィーンの街をぶらつきつつ夕食へ。
ウィーンのシンボル・シュテファン寺院。
e0195766_4375368.jpg
e0195766_4381244.jpg

国立オペラ座。
オペラ座の前を歩いているとコンサートのチケット売りの人達が声をかけてきます。
前々回ウィーンに来た時はここでチケットを買って、当日コンサートに行きました。ウィーンでは予約をしていなくても何かしらコンサートに当日行くことは可能です。ミュンヘンでもこういうのがあるといいのにな~と思うのですが。
e0195766_4384488.jpg
e0195766_439317.jpg

夕食は以前に一度行ったことがあるパラチンケンのお店で。Palatschinkenpfandl。
e0195766_4392399.jpg
e0195766_4394194.jpg

私はヴィーナー・シュニッツェル。これでも小さいサイズ。
ダンナは3種のパラチンケン。クレープの生地にミンチやチーズをはさんであるもので、一つは揚げてありました。
本当はデザートパラチンケンを食べようと思っていたのですが、夕飯には合わないので普通の食事にしました。お腹いっぱいです~。
e0195766_44007.jpg
e0195766_4402126.jpg

この日は、シェーンブルン宮殿から地下鉄2つの所にある、Star Inn Hotel に宿泊。
大きなホテルで部屋もきれいでしたが、チェックインの時間より前に着いたら、14時からしかチェックイン出来ないと言われちょっとがっかり。今までは早く着いても大抵部屋に入れてくれたのですが、やはり大きなホテルは融通がききにくいようです。でもまあ仕方がないですが。
でも、ホテルの周りにカフェも何もなかったのでホテルのロビーでぼんやり待ってました。ホテルの人はとてもにこやかで感じが良かったです。
e0195766_4404130.jpg
e0195766_441463.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-05-15 22:55 | 旅 オーストリア | Comments(2)

Austria 岩塩と銀貨で栄えた町ハル・イン・チロル

2月の中旬に行ったスキーは、いつもと同じくオーストリアのPatscherkofel で滑って、ハル・イン・チロルHall in Tirol というインスブルックから10kmの所にある町に泊まりました。
e0195766_16441642.jpg

Gasthof BADL というホテルで、ホテルのすぐ横にはイン川が流れています。e0195766_16443628.jpg
e0195766_16444995.jpg

町へはホテルを出てすぐのところに架かっている木の橋を渡ります。
e0195766_16455635.jpg

イン川はいつも深い緑色。
e0195766_16465716.jpg

Hall in Tirol は、岩塩の採掘によって発展した町だそうで、その歴史は13世紀に遡るとのことです。
その後、15世紀にターラーという、16世紀以来数百年ヨーロッパ中で使われていた大型銀貨の製造がこの町でされていたとのこと。
このターラーが、アメリカのドル(ダラー)の起源と言われているらしい。

アルプスの山を背に建っている塔が、ミュンツの塔 Muenzturm。
貨幣博物館も併設されているのですが、残念ながら冬の間は団体以外は入れませんでした。
この塔も冬以外は上がれるそうなのですが・・・残念。
e0195766_16471928.jpg

土曜日の夕方と日曜日の午前中に町を散策しましたが、お店はほんの少しのカフェとレストラン以外は休みで、特に日曜日は殆ど人を見かけませんでした。
古い町なので、建物もかなり古く、中世のヨーロッパの風景という感じでした。e0195766_16475817.jpg
e0195766_1648116.jpg
e0195766_16482394.jpg
e0195766_16483568.jpg

e0195766_2335155.jpg
e0195766_234553.jpg
e0195766_2344880.jpg
e0195766_235729.jpg
e0195766_2352051.jpg
e0195766_2353079.jpg
e0195766_2354847.jpg



e0195766_236236.jpg

ミュンヘンへ帰る前に、開いていたパン屋さんでちょっと休憩。クラプフェンも。
隣に座っていたおじいさんもクラプフェンを食べていたのですが、食べ終わった後、テーブルに載っていた、この色のついた卵を手にとって食べだしたものだから、ダンナはびっくりしていました。飾りだと思っていたらしい。
たしかに籠に入れて置いてあったらイースターの飾りかと思いますが。
勘定はどうするのかと思って隣のテーブルをちょっと気にしていたら、レシートを打ち出して持ってきた店員さんは卵分をプラスしていたようでした。やっぱり有料でした。
e0195766_2363863.jpg
e0195766_2365263.jpg

日曜日はとても良い天気だったので、スキーをするか町を見るか迷いましたが、ホテルの人が、お店は何もやってないけどとてもいい所だからとお勧めしてくれたので、せっかくなので町を歩いてみました。
このMuenzturm、遠くから見るとラプンツェルに出てくる塔みたいだよね~とダンナに言ったら、ちょっと低いと言われました・・・。
e0195766_2371021.jpg

アルプスの麓にあるイン川が流れる小さな町、Hall in Tirol。ゆったりした時間が過ごせました。
e0195766_2372012.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-03-08 03:51 | 旅 オーストリア | Comments(2)

Austria Schloss MatzenとAchensee

インスブルックを訪れた日は2日間ともとても良い天気で、翌日曜日も見事な青空でした。
朝食が終わった後、少しホテルの中を見て、ホテルの周りを散策しました。
といっても特に何もないのですが、ホテルの全景を見てみたり、アルプスを眺めてみたり。
e0195766_483743.jpg
e0195766_475152.jpg
e0195766_481453.jpg




アルプスを背に建つお城は絵になりますね。
e0195766_485646.jpg

e0195766_491543.jpg

山の下から見たホテル。
e0195766_493418.jpg

古城ホテルをチェックアウトした後、ミュンヘンへ向かって帰る途中にアーヘンゼー Achensee という湖に立ち寄りました。
湖の水は透き通っていてとてもきれいでした。が、寒かったのでちょっと歩いただけ。
e0195766_410220.jpg
e0195766_4102227.jpg

その近くのカフェで休憩して、ミュンヘンへ帰りました。e0195766_4105178.jpg
e0195766_411816.jpg

古城でのんびりする旅でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-02-04 02:46 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria 古城ホテルの朝食の部屋

翌朝、お城の中をちょっと迷いながら無事朝食の部屋へ。
朝食の部屋につながった小さな礼拝堂。お城の中にもちゃんと礼拝堂がありました。e0195766_3584477.jpg
e0195766_359215.jpg

朝食のテーブルは長テープル。
長いテーブルで皆で並んで食事をするとは、なんだか本当に貴族になった気分になれる食卓でした。e0195766_3592954.jpg
e0195766_3595227.jpg

このケーキ美味しそうだったな~。食べなかったけど・・・。この椅子どうでしょう。なかなかいい?e0195766_401444.jpg
e0195766_403152.jpg

朝食後、ホテルの中をちょっと見学。図書室やe0195766_405455.jpg
e0195766_411246.jpg




お城によくありそうな小さな窓。
e0195766_413021.jpg
e0195766_414886.jpg

これは本物?動物の首とか、チェス。e0195766_42496.jpg
e0195766_422271.jpg

朝食の部屋は Rittersaal 騎士のホールと書かれた部屋でした。
e0195766_4259100.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2013-02-03 03:14 | 旅 オーストリア | Comments(2)