Think every day.


外国語学習やフルートの事など日常を綴っています。そして時々旅行の話も。
by withflute
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:旅 ベルギー( 12 )

Belgium ブリュッセル散策とワッフル

ブリュッセルでは Aparthotel Adagio というホテルに泊まったのですが、朝食はPaulというお気に入りのパン屋さんがホテルの横にあったので、そこで。
このパン屋さんはチェーン店だと思うのですが、ドイツにはないようです。近くにあったら食べに行きたくなるパン屋さんです。
e0195766_21320905.jpg
ホテルの横のショッピングセンター。
e0195766_21321591.jpg
e0195766_21321858.jpg
このオブジェ(というのか)、面白いです。だんだん小さくなるので、くぐっていると最後は中腰になりました。

e0195766_21322167.jpg
e0195766_21322598.jpg
ブリュッセル中央駅。
e0195766_21322765.jpg
大きな植木鉢がズラリ。
e0195766_21323074.jpg
e0195766_21323347.jpg
e0195766_21323659.jpg
e0195766_21323811.jpg
e0195766_21342387.jpg
ベルギーに来たらやっぱりワッフル。前日はいまいちだったので、また別のお店で。Dandoyというカフェで。
e0195766_21344172.jpg

e0195766_21344597.jpg

e0195766_21344795.jpg
e0195766_21342562.jpg
ベルギー生まれのタンタン。
e0195766_21344981.jpg


[PR]
by withflute | 2013-12-16 21:33 | 旅 ベルギー | Comments(0)

Belgium ブリュッセルのクリスマス

この寒い時期にブリュッセルに行ったのはもちろんクリスマスが目的でした。
夜のグランプラスはライトアップされて、昼間とは全く違った雰囲気でとてもきれい。
e0195766_21310386.jpg
これもドイツっぽい。ドイツの屋台が出ていて、そこで買いました。美味しいです。

e0195766_21310559.jpg
e0195766_21310974.jpg
e0195766_21311365.jpg
e0195766_21311667.jpg
光の色が変化します。
e0195766_21311958.jpg
e0195766_21312236.jpg
e0195766_21312998.jpg
小便小僧の横にもクリスマスツリーが。でも服は着ていませんでした。
e0195766_21313258.jpg
e0195766_21313548.jpg
チョコレートの国なので、やはりお土産はチョコレートかな。
e0195766_21315215.jpg


[PR]
by withflute | 2013-12-16 21:24 | 旅 ベルギー | Comments(0)

Belgium 冬のブリュッセル

12月中旬の土日でベルギーの首都ブリュッセルへ行ってきました。
クリスマスシーズン真っ最中で街は大賑わい。
e0195766_21275520.jpg
街の中心は世界遺産に登録されているグランプラス。
e0195766_21275969.jpg
e0195766_21280269.jpg
市庁舎。
e0195766_21280598.jpg
お昼ご飯。なんだかドイツっぽいです。
e0195766_21281145.jpg
こちらはベルギーっぽい。でもこのワッフルは実はかりかり過ぎていまいち・・・。
e0195766_21281274.jpg
ウインドーショッピング~。
e0195766_21281851.jpg
e0195766_21282154.jpg
e0195766_21283337.jpg
e0195766_21283671.jpg

市立博物館(王の家)の中にある小便小僧のワードローブ。800着以上あるそうです。世界各地から寄贈されているとのことで、もちろん日本からのものもありました。
e0195766_21290889.jpg

[PR]
by withflute | 2013-12-16 20:36 | 旅 ベルギー | Comments(0)

Belgium ヴェーヴ城

ベルギー・ディナンを出発して、そこから南東へ6kmくらいの所にあるヴェーヴ城 Chateau de Veves に立ち寄りました。
この城の起源は7世紀頃だそうでとても古いのですが、その後、破壊されたり改築されたりを繰り返し、現在の姿は18世紀に改築されたものだそうです。
走っているとこんな風景になってきて、森(というのか?)の中にはいってしまい、本当にここにあるのかと心配になったのですが、
e0195766_1642322.jpg

ありました。森を抜けたらいきなりお城が見えました。
e0195766_16424414.jpg

丸い円筒を持つお城。
e0195766_1642559.jpg

受付でチケットを買ったら、日本語のガイド冊子を貸してくれました。日本語があるなんて驚き。でも、ここには1989年に皇太子さまも訪問されたとのことで、日本とも交流があるのでした。部屋に当時の写真が飾ってありました。
e0195766_16431162.jpg
e0195766_16432328.jpg



e0195766_16433389.jpg

窓からは向かいに建つ別のお城も見えました。
e0195766_16434326.jpg

お城に中にも小さなチャペル。e0195766_16435363.jpg
e0195766_1644591.jpg

前日に訪れたラヴォー・サン・タンヌ城より小さなお城でしたが、草原の中にドンと建っている姿がいかにもお城らしかったです。
e0195766_16441547.jpg

この旅行で何度か目にしたこの看板。何のことか始めはわからなかったのですが、ガイドを忘れないで、チップをよろしく、ということなのでしょうね。ディナンの要塞ではガイドさんと一緒に見たので最後にチップを渡したのですが、その時もこの表示がありました。
e0195766_16442877.jpg
e0195766_16443915.jpg

これで、ベルギーともフランス語圏ともお別れ。最後にまたワッフルを買って食べました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-15 00:14 | 旅 ベルギー | Comments(2)

Belgium サックス博物館とクック・ド・ディナン

ドイツベルギー旅行4日目。朝6時のムーズ川。朝もやが凄い。
e0195766_4262921.jpg

朝食を食べ終わり、ディナンの町を散策する時間には真っ青な空。前日とは打って変って良い天気となりました。
e0195766_4265396.jpg
e0195766_427582.jpg

アドルフ・サックスさんを探して訪れたところは、小さな博物館。
e0195766_4271989.jpg

こちらがサックスを発明したサックスさんです。一緒に写真撮影を~。
e0195766_4273146.jpg

入口から奥までのスペースがこれだけです。小さな小さな博物館。
e0195766_4314946.jpg

博物館の中には、アドルフ・サックスさんが発明した楽器とその歴史が展示してありました。
e0195766_4274229.jpg
e0195766_4275677.jpg

ジャズにはサックスが欠かせないってことかな~。
e0195766_4281161.jpg

もうひとつのディナンの名物は、クック・ド・ディナンという堅焼きクッキー。
e0195766_432541.jpg

色々な形の物があって、もちろんサックスも。
試食出来ないかな~と思ったのですが残念ながらありつけず・・・。かなり堅いということなのであまり大きいのを買うのはやめて、小さいものを買ってきました。
でもまだ食べていないので味はわかりません。まさか、歯が折れる程堅い、ってことはないと思いますが、どうなのでしょうね~。後日のお楽しみです。
e0195766_433628.jpg
e0195766_4332343.jpg



ディナンはベルギーのフランス語圏。ここに来た途端、フランス語の世界に入ってしまい聞きなれない言葉を耳にした、という感じでした。アントワープはオランダ語圏なので、なんとなく(少しだけ)ドイツ語に似た響きがあるような気がしますが、ディナンではメルシー、と言われ、ああ、フランス語なんだな~と思いました。
同じ国の中で公用語が違うというのは不思議な感じがします。
e0195766_4283159.jpg

[PR]
by withflute | 2012-09-09 05:37 | 旅 ベルギー | Comments(2)

Belgium サックスの生まれた町・ディナン

ラヴォー・サン・タンヌ城から20Km戻ってディナン Dinant へ。
ディナンはムーズ川に面した町で、岩壁の上の城塞とノートルダム教会 Collégiale Notre-Dame de Dinant がシンボル。
e0195766_16335182.jpg

到着後入場時間に間に合いそうだったので、教会の横にあるロープウェイでディナン城塞(シタデル)へ上がりました。e0195766_16243582.jpg
e0195766_16245732.jpg
e0195766_162446100.jpg

城塞から眺めたディナンの町。
城塞の内側はツアーガイドのみでの見学になっていました。
e0195766_1625975.jpg

ツアーガイドで30分くらい見学してからロープウェイで下りて、岩壁のすぐ横に建つノートルダム教会を閉館ぎりぎりに見学。
絶壁の岩とこの教会、下から見上げるとなかなか迫力のある景色です。
e0195766_16314121.jpg
e0195766_16315396.jpg

そして、このディナンを訪れた理由は、これです。
e0195766_16331363.jpg

ここは、サクソフォーンを発明した、アドルフ・サックスの生まれた町なのです。
サクソフォーンはベルギー生まれ。この町の橋にはサクソフォーンのモニュメントがずらり~。
e0195766_16332312.jpg
e0195766_16333514.jpg




サクソフォーンは楽器の中でも新しいものだと言われていて、1840年代に発明されました。
サックスは本体は木で出来てはいないのですが、リードを使う楽器なので木管楽器に分類されています。
サックスといえばジャズというイメージが強いのですが、クラッシックでも活躍している楽器です。でもほとんどの管弦オーケストラにはサックスのパートはないのです。
私はサックス吹きではありませんが(妹はA.Sax吹き)、ベルギーでどこかにもう1泊しようと考えていた時にこの町を見つけて、これは見に行かなくては!と思って、ディナンを訪れることにしたのでした。
[PR]
by withflute | 2012-09-07 07:10 | 旅 ベルギー | Comments(0)

Belgium ラヴォー・サン・タンヌ城

アントワープから約140km南にあるディナン Dinantという小さな町へ移動しました。
ディナンへ行く前に、そこから更に20Kmくらい南へ行ったところにある、ラヴォー・サン・タンヌ城 Chateau de Lavaux-Sainte-Anne へ。周囲を牧草地に囲まれたのどかな風景に建つお城です。
e0195766_1635343.jpg

15世紀に建てられたお城で、今は狩猟博物館となって公開されているのですが、以前はかなり荒廃していたものを今の城主によって修繕されたのだそうです。
e0195766_16351633.jpg
e0195766_16353283.jpg

さすがベルギーです。昔もワッフルがあったということですね~。ワッフル用の鉄板。e0195766_16354466.jpg
e0195766_16355656.jpg
e0195766_1636876.jpg
e0195766_16425742.jpg

お城の中にはこんな狭い石の階段も。
e0195766_16362090.jpg

これがこのお城の全景です。軍事用のお城の造りですね。
e0195766_16363324.jpg

お風呂もありました。
e0195766_1644256.jpg
e0195766_16364576.jpg

ここは狩猟博物館なので、狩りで捕まえた動物の毛皮もたくさん展示してありました。

このバイオリンかなり小さいです。10分の1くらいなのかな~。
e0195766_1643512.jpg

このお城の良かった所は、内部をほとんど見学出来たことです。今まで訪れてたことのあるお城の中でも、ここが一番じっくり見ることが出来たような気がします。大体のお城はここから先はダメ、ということが多かったような気がします。もちろん、ここが規模的にそれ程大きくないことも関係しているのでしょう。なかなか見応えのあるお城でした。
[PR]
by withflute | 2012-09-05 17:34 | 旅 ベルギー | Comments(0)

Belgium ワッフルとルーベンスの家

ドイツベルギー旅行3日目の朝、雨がザーザー・・・。
そのうち止むかな?と期待をしつつ、午前中に地下鉄を使ってノートルダム大聖堂付近まで出掛けました。

もう一回ワッフルを食べてからアントワープを出発しようと思って、朝食代わりにワッフルのお店へ。
デジレドリール Desire de lille という大通りから道を一本入ったところにあるお店。
e0195766_16115987.jpg

朝だったからか、大雨だったからか、店内はガラガラ~。かなり店内は広いようです。e0195766_16121147.jpg
e0195766_16122529.jpg

ワッフルの専門店かと思っていたら、食事メニューもありました。
ワッフルもトッピングが色々あって迷いましたが、私はこのお店に名前のついたワッフル(左)を。e0195766_16124196.jpg
e0195766_16125292.jpg

美味しい~!けど、さすがに朝食にワッフルは甘すぎたかな?メープルシロップがかかっていたようで結構甘かったです。フルーツのワッフルの方が朝には良かったかも・・・。

さて、ワッフルも食べたので、アントワープの最後にルーベンスの家を見学。
ルーベンスが住んでいた家を美術館にしたもので、造りはかなり豪華でした。e0195766_1613448.jpg
e0195766_16131610.jpg


ここは通常はもちろん有料ですが、この日(8月26日)は無料でした。前日に肉屋のギルドハウスへ行った時に係の人が、明日は特別なマーケットがあるから、ここも無料なの、と言っていたので、もしかしてルーベンスの家も無料かもね、とダンナと話していたら、本当に無料でした。
なんでしょう、定期的にこういう日があるのでしょうか。どちらにしてもちょっと得した気分~。

ルーベンスの家からホテルに戻る頃には雨も上がり、帰りは歩きで。
午後は次の町、ディナンへ移動しました。
[PR]
by withflute | 2012-09-04 16:47 | 旅 ベルギー | Comments(2)

Belgium ムール貝と肉屋のギルドハウス

アントワープでノートルダム大聖堂を見た後、お腹がすいたので、遅い昼食というか早い夕食として、ムール貝を食べました。
5日間ずっとパン、ピザ、パスタではきついので、本当はアントワープではアジア食を食べるつもりだったのですが、ムール貝の看板を見たら食べたくなってしまったので、適当なお店に入ってみました。e0195766_3591683.jpg
e0195766_3592975.jpg

ダンナはやっぱりベルギービール。私はレモネードと書いてあったものを頼んだら、スプライトが出てきました。でもグラスの中にはレモンが一切れ。これがレモネードか・・・。美味しかったですが。
e0195766_3594187.jpg

ムール貝1人前。野菜がいっぱいで山盛りですね~。味がしっかり出ていて美味しかったです。でもこれを一人で食べるのは多いですね~、味がずっと一緒なので飽きてしまうかも。
e0195766_3595934.jpg

なので、ピザを一枚。ムール貝にポテトも付いていたので、かなりお腹がいっぱいになりました。e0195766_401041.jpg
e0195766_402175.jpg
e0195766_403361.jpg
e0195766_404389.jpg

お腹もいっぱいになったので、次は肉屋のギルドハウスへ。
昔、肉の売買が行われていた建物だそうで、肉に関する博物館かと思ったら、音楽に関する博物館なのです。面白そうなので行ってみました。
オーディオを貸してくれて、楽器の展示番号を押すと、その楽器の音で演奏した音楽を聴くことが出来ました。
e0195766_405655.jpg
e0195766_411080.jpg


なかなか面白い博物館です。音楽が好きな人にはお勧めです。
e0195766_4123100.jpg
e0195766_413455.jpg

アントワープ中央駅。造りがどっしりとしていい雰囲気です。
e0195766_414567.jpg

アントワープの名前の由来は、手を投げる、から来ているとか?だから駅の中にこのモニュメントがあるのかな?
e0195766_415986.jpg
e0195766_42208.jpg

これは?色々と禁止事項が載っている?
e0195766_423157.jpg

ホテルへの帰り道、やはりベルギーに来たからには一度はワッフルを食べなくては!と持ち帰りで。
やっぱりワッフルは美味しい~。でも結構ボリュームがあってお腹一杯です。
スーパーで見つけた、Lotus のクッキー。ベルギーに行ったら絶対に買おうと思っていたものなので、見つかって良かった~。
つい最近家の近くのスーパーであるのを発見したのですが、中身が見えず、個別包装になっているのかどうかがわからず買いませんでした。大量に食べるわけではないので出来れば個別包装の方がいいのですよね。ベルギーで見つけたものは中が見えるようになっていて、2枚ずつの包装になっていました。
このMIKADOポッキーも美味しかったですヨ。普段スーパーで見るMKADOと違うバージョンでした。e0195766_424318.jpg
e0195766_42554.jpg

[PR]
by withflute | 2012-09-03 04:46 | 旅 ベルギー | Comments(2)

Belgium アントワープ・ノートルダム大聖堂

ドイツベルギー旅行2日目は午前中にケルンを出発してベルギーのアントワープAntwerp へ約300kmのドライブ。

ホテルにチェックインした後、ノートルダム大聖堂へ。
ここも大きな教会です~。見上げてしまう塔の高さです。e0195766_627745.jpg
e0195766_6271775.jpg
e0195766_6273035.jpg
e0195766_6274935.jpg



ここへ来た目的はもちろん(?)ルーベンスの絵です。
フランダースの犬のお話に出てくるあの絵がこの教会にあるのですね。そう思って訪れるのは日本人だけかもしれませんが・・・。でもたくさんの観光客が訪れていました。
チケットを買う時に、大人2枚(一応英語で)と言ったら、『10€でございます。』と言われて、びっくり。『~でございます』ってなかなか日本の博物館でも聞かないかも?とても流暢な日本語で驚きました。ありがとう、と日本語で返しました~。
e0195766_628691.jpg
e0195766_628208.jpg
e0195766_6283333.jpg
e0195766_6284691.jpg

教会の雰囲気も素敵ですが、どの絵も迫力があってじっくり見入ってしまいます。私は絵は描けませんが、見るのは結構好きなので来た甲斐がありました。

そして外には、フランダースの犬の記念碑が。
ちょっと絵が見づらいですが、ネロとパトラッシュ。
e0195766_629834.jpg
e0195766_6292317.jpg





この記念碑の周りには人が・・・・・誰もいませんでした。日本人でないと気付かない存在なのかもしれません。でも私達が写真を撮っていたら、他の国の人も近付いてきて見ていましたヨ。
これはトヨタが寄贈したものらしいです。
フランダースの犬のあらすじはこちらで。
[PR]
by withflute | 2012-09-02 07:17 | 旅 ベルギー | Comments(4)
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
はっぱさん、たぶんアーモ..
by withflute at 19:22
アンザックビスケット知り..
by はっぱ at 06:24
別の通りすがりです。英国..
by 通りすがりの英国在住 at 22:21
ブログジャンル
検索
記事ランキング
画像一覧