<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

帰国して一年

そういえば一年前の今日、ミュンヘンから帰国したんだ、と思い出したので・・・。
あれからもう一年も経ったとは信じられないような、でも、あれ?本当にドイツに住んでいたのかな?という感覚になることもしばしば。

2014年は結構色々とあった年だったので、あっという間に一年が過ぎたような感覚です。
帰国する時は再就職についてはあまり考えていなくて、どうしようかな~と思っていたら、春から夏にかけては職探しが出来る状況ではなくなってしまい、でも秋になって落ち着いたので職探しをして今に至ります。
もしまた職を見つけるなら帰国後半年くらいまでには、と思っていたので、まあいいタイミングだったのかもしれません。

ところで、私の中の疑問ですが、『ほぼほぼ』という言葉。
この言葉を私が初めて耳にしたのは昨年帰国してからですが、いつから使われるようになっていたのでしょうか。ダンナが会社で、『ほぼほぼ』という言葉を聞いてきて、それで私は初めて知ったのですが、私の今の会社の同僚も取引先の方もこの言葉を使っています。
以前勤めていた時はこの言葉は使われていなかったと思うのですが。
海外に住んでいても、今はインターネットがある時代なので日本語の情報も普通に入ってくると思うのですが、この『ほぼほぼ』に関しては全く知りませんでした。でもTVではあまり聞かないような?
これは全国的に使われる言葉なのかな?
姉妹にでも質問してみようと思いつつ、疑問のまま一年が過ぎてしまいました。

[PR]
by withflute | 2015-01-25 23:37 | 日本の日常 | Comments(0)

UK ウィンザー城 続き

ウインザー城はエリザベス女王が週末に訪れるところということです。
チケットを入口で買って中に入ると、オーディオガイド(日本語あり・料金は入場料に込み)を貸してくれました。これを聞きながら、広い敷地の中にある建物の中を見学。写真撮影は禁止だったので、写真がないのが残念。
冬だったからか、1月1日だったからか、空いていたので見学しやすかったです。

ウインザー城を見学した後は、少し町の中を散策しました。
石畳の風景です。

e0195766_17205565.jpg


e0195766_17205770.jpg

駅へ戻って、またクリームティ!滞在中何回食べたかな?

e0195766_17210065.jpg


e0195766_17210362.jpg

町に中にあった、傾いた家。何かのお店だったようですが、今は閉店していました。良く見ると傾いています。

e0195766_17210536.jpg


e0195766_17211020.jpg


e0195766_17211239.jpg


e0195766_17211400.jpg

テムズ川。

e0195766_17211719.jpg


e0195766_17211914.jpg

ロンドンに戻ってきたときに、夕食用に買ったミートパイ。でも私は、夜から熱を出し、食べられませんでした。ああ、残念!

e0195766_17212208.jpg

これでロンドン旅行はおしまいです。
この翌日、パディントン駅からヒースローエクスプレスに乗ってヒースロー空港へ。
行きに乗継便が飛ばず、フランクフルトに一泊、そして最終日の夜高熱を出すというアクシデントは有りましたが、ロンドンに滞在中は天気も良く、ミュージカルも2本見ることが出来て、クリームティも何回か食べて、満足な旅行でした。
もし今度またロンドンへ行くことがあったら、もう少し足を延ばして郊外の町を訪れてみたいと思います。

[PR]
by withflute | 2015-01-17 19:23 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK ウィンザー城

ロンドン5日目、翌日はもう帰国する日、ということで、最後のイングリッシュブレックファーストなので、ダンナはフルイングリッシュブレックファーストを頼みました。中央にあるのが、イギリスのソーセージですが、一口もらいましたがやはり変わった食感でした・・・。

e0195766_17201424.jpg

この日は1月1日で祝日だったため、街の中は休みのお店も多かったのかもしれません。
ウインザー城は入場出来るとのことだったので、電車で約30分のウインザー Windsor へ出掛けました。チケットはパディントン駅の自動販売機で購入。
キレイな列車でした。

e0195766_17201869.jpg

パディントン駅から乗って、一度Slough という駅で乗り換えをしました。
そのまま乗っていくと、オックスフォードまで行けるようでした。

e0195766_17202299.jpg

ウインザー駅に到着。駅の中にはブランドのお店が入っていて、ちょっとしたモールになっていました。

e0195766_17202563.jpg

これは、衛兵さん?ドイツで見たことがある木の人形のようですが、多分衛兵さん。

e0195766_17202714.jpg

駅を出ると目の前にウインザー城。

e0195766_17203959.jpg

旅行の間ほぼ天気が良かったのですが、この日だけ曇り空で寒い日でした。でも、最後まで傘は必要ありませんでした。

e0195766_17204243.jpg


e0195766_17204461.jpg

衛兵さんがいました。

e0195766_17204759.jpg


[PR]
by withflute | 2015-01-16 17:19 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK メリルボーン散策とオペラ座の怪人

ロンドン4日目、大晦日の朝。まだ薄暗い、ホテルからの風景です。
この日も良い天気でした。

e0195766_17510993.jpg

ホテルで朝食を食べてから、街へ散策に出掛けました。
ホテルの近くのFish&Chips の店。
一度ここで持ち帰りをしたのですが、一つだけ注文したら、ほんとに?ほんとに一つでいいの?としつこく言われましたが、一つで十分です・・・。
ミドルの大きさを買ったはずですが、とにかく大きい魚で、ポテトも大量。一人一つは多すぎ。前にアイルランドで食べたFish&Chipsが今までの中で一番美味しかったかな。

e0195766_17511714.jpg

ロンドンタクシー。実は前日に一回乗りました。
乗りたかった地下鉄のラインが運休していて、時間に間に合わなくなりそうだったので。
なかなか乗る機会がないロンドンタクシーだったのですが、今回乗れて良い経験でした。

e0195766_17511936.jpg


e0195766_17512260.jpg

メリルボーン・ハイ・ストリート~ベイカーストリートへ散策。
メリルボーン地区は雑貨などかわいいお店が色々あったので、もう一度行ってみようと思い今回も行ってみたのですが、その中の一つで、イギリス紳士から話しかけられました。なんで話しかけられたのかちょっと良くわからないのですが、日本人とわかったようで、その方は大阪に住んでいたことがあるということでした。
私がその人と話していたら、ダンナが知り合いがいるのかと思った、と言っていました。いや、ロンドンに知り合いはいません・・・。


e0195766_17512542.jpg

シャーロックホームズミュージアムはいつ行っても大人気。チケットを買うために行列が。
私達はグッズのお店が目的だったので、表で写真をとって、お店の中へ入りました。

e0195766_17512835.jpg


e0195766_17513409.jpg


e0195766_17513170.jpg


e0195766_17513788.jpg

メリルボーン・ハイ・ストリートからパディントン駅へ戻って、ちょっと休憩。

e0195766_17513917.jpg

エッグタルトがあった~。
ここはパディントン駅の上にあるカフェですが、ここの紅茶は量がたっぷりです。


e0195766_17522981.jpg

ホテルから新年のご挨拶でチョコレートを頂きました。

e0195766_17524100.jpg


そして夕方から、ミュージカル オペラの怪人 The Phantom of the Opera。
昨年から引き続き、3度目の鑑賞ですが、何度観てもいいです!
やっぱり曲がいいです~。またぜひ観たいと思います。

e0195766_17524490.jpg


e0195766_17524719.jpg

オペラ座の怪人を観た後は、ちょっとだけ街をぶらぶらして、ホテルへ戻りました。
新年を迎えるロンドンはビッグベンのあるテムズ沿いで花火が上がります。
知らなかったのですが、この花火を近くで見るにはチケットを購入しないといけないようです。
TVでその様子を見ていたのですが、とにかく凄い人・人・人。
打ち上げられた花火も盛大でした。

[PR]
by withflute | 2015-01-15 17:50 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK 石造りの家と丘のコッツウォルズ  続き

テッドベリーでスコッチエッグを食べて、村の中を散策。
ここも石でできた建物がたくさんあって、物語に出てくるような風景でした。

e0195766_21391157.jpg

これはチャールズ皇太子のお店らしいです。


e0195766_21391441.jpg


e0195766_21391721.jpg

チーズ屋さん。

e0195766_21391993.jpg

e0195766_21392216.jpg

e0195766_21392450.jpg


e0195766_21393019.jpg

ボートン・オン・ザ・ウォーターでは、カフェがたくさんあると聞いたので、ここで、クリームティを食べることにしました。


e0195766_21393360.jpg


e0195766_21393730.jpg

アフタヌーンティだとケーキやサンドイッチがついてきていっぱいになり過ぎてしまうので、これでちょうど良い感じです。
ここのスコーンはどちらかというとパンのような食感で柔らかかったです。
でもこれはこれで美味!

e0195766_21394056.jpg


e0195766_21394256.jpg


e0195766_21394628.jpg

e0195766_21394945.jpg

e0195766_21395248.jpg

朝8時から夕方18時までに4つの村を巡るという駆け足旅行でしたが、天気も良く、とてもきれいな景色を見ることが出来ました。個人的には3つの村で、もうちょっとゆっくり見たかったなあという気持ちですが。
このバスツアーは日本人のアシスタントの方がついてくれるというものだったのですが、ガイドではないので、単にバスの乗り降りに着いていてくれるだけだと思っていたのですが、バスの中では結構コッツウォルズについての説明もしてくれましたし、お店の紹介もしてくれたので、なかなか良いバスツアーだったと思います。


[PR]
by withflute | 2015-01-13 21:47 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK 石造りの家と丘のコッツウォルズ

ロンドン3日目は、ロンドンから約2時間のコッツウォルズ Cotswolds地方へ日帰りの旅をしました。
電車も通ってはいるようですが、日帰りでいくつかの村を巡ろうと思うと、やはり車の方が便利、ということで、今回は昼食なしのバスツアーを利用しました。

この日も天気に恵まれ、朝はロンドン郊外には珍しいという、霜で白くなった景色になっていました。

e0195766_21382882.jpg

コッツウォルズの4つの村、バイブリー、テッドベリー、ボートン・オン・ザ・ウォーター、ストウ・オン・ザ・ウォルドを巡りました。
コッツウォルズとは羊の丘、という意味だそうです。
まずは、バイブリー。

e0195766_21383165.jpg

石作りの家が建ち並び、村の中を小さな川が流れる場所。
とてもきれいでイギリスらしい風景、という感じでした。

e0195766_21383572.jpg


e0195766_21383806.jpg


e0195766_21384193.jpg

e0195766_21384491.jpg


e0195766_21384777.jpg


e0195766_21385617.jpg

次に立ち寄ったテッドベリーでは、軽く昼食を。
ミートパイが美味しいと聞いたので、このお肉屋さんで買ってみました。

e0195766_21390323.jpg


e0195766_21385975.jpg

このスコッチエッグが美味!

e0195766_21390916.jpg




[PR]
by withflute | 2015-01-12 21:49 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK コヴェント・ガーデンとCats

ロンドン2日目(本来なら3日目)の朝はやっと(?)、イングリッシュブレックファースト。
このホテルは3回目の宿泊なので、朝食の注文の仕方も慣れたもの??で、ソーセージは除いてもらいました。
イギリスのソーセージは日本やドイツで食べるものと違って、私はあまり好きではないのです・・・。

e0195766_14002079.jpg

朝食の後、早速ロンドンの街へ散策に出かけました。
この日も天気は上々。

まずは、地下鉄コヴェント・ガーデン駅近くにある THE TEA HOUSE を覗きに行ってみました。

e0195766_14002271.jpg

e0195766_14002762.jpg

駅を挟んでTHE TEA HOUSE とは反対側にあるコヴェント・ガーデン・マーケットへ。
もう年末でしたが、まだ大きなツリーがありました。
e0195766_14002984.jpg

17世紀に造られた大きなアーケードの中に常設されるマーケットがあるということなので行ってみました。
アンティークや小物、カフェなどたくさんのお店がありました。

e0195766_14003232.jpg

音楽を演奏する人達も。
e0195766_14003462.jpg

この後は、ロンドン交通博物館へ。空いていたら入ろうかな~と思って行ったのですが、入口の外には長い行列が。決して安くない入場料の博物館ですが、子供連れファミリーがたくさんいたので、もしかして子供向けのイベントがあったのかもしれません。結局、ショップだけ入りました。

e0195766_14003955.jpg

ロンドンバスの頭が衛兵さんの帽子になってました。かわいい。
e0195766_14004660.jpg

e0195766_14004815.jpg

次はヴィクトリア・アンド・アルバート博物館 Victoria and Albert Museum へ。
ここはイギリスの工業発展のために造られた博物館で、展示物としては結構幅広く取り扱っているようでした。
とても広いのでじっくり見ようと思うと2,3時間かかると思います。


e0195766_14011015.jpg

博物館の中にはセルフサービスのカフェもあったので、ここでおやつタイム。
フルーツ入りスコーン、美味しかったです。
スコーンはお店によって本当に味も固さも違うということを、今回の旅で数回食べてわかりました。
e0195766_14014796.jpg

そして、夜は、この旅の目的であるミュージカル『Cats』を見に London Palladium Theater へ。
Catsは日本でも有名で、ロングランで上映されていたと思いますが、一度も見たことがなく、一回は見てみたいな~と思っていたのですが、今回、私達がロンドンを訪れる期間に運よくCatsが上映されるということで、ぜひ見たい!ということでチケットを取りました。
Catsの曲を学生時代に吹奏楽で演奏したことがあるのですが、この曲が好きで見てみたいと思っていました。
やっぱり、『メモリー』はいいですね!

e0195766_14015941.jpg


[PR]
by withflute | 2015-01-11 14:00 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK ロンドンの旅のはじまりは・・・

2015年はロンドンで迎えました。今年のロンドンの冬は暖かいそうで、どんよりした天気を想定して行ったのですが、私達が滞在している間、ほぼ晴れていて一度も傘を使わず、天気に恵まれた旅行でした。

と、最終的には良かったのですが、実は行きのフライトでは初めての乗継便のキャンセルとロストバゲッジにあってしまいました・・・。

土曜日にセントレア空港を定刻通りに離陸、フランクフルト空港に到着して、乗換えしてロンドンへ・・・という予定でしたが、フランクフルトに着いた時、それまでほとんど降っていなかった雪がフランクフルトで降り、ロンドンへの乗継便がキャンセルになっていました。よりによってこんな日に~~という感じでしたが、天気には逆らえません・・・
この時は、3時間遅れの便に自動的に振替されていたので、それを待っていたのですが、それもキャンセルの表示が出て、結局この日はロンドンへ行くことが出来ませんでした。
予定外のドイツで一泊となってしまいました。

乗継便に乗れなくなってしまったので、空港のサービスセンターに行き、翌日の振替便のチケットとホテルを取るため並んでいたのですが、それが3時間以上・・・しかも、この日は結局振替便のチケットを確定させることが出来ず、ホテルのみ手配してもらい、スーツケースも受け取れず、そのままホテルへ。
荷物がないので、着替えも洗面道具もなく、空港で歯ブラシくらい買おうと思ったのですが、時間が既に22時半くらいだったので店も見つからず、手ぶらで行くことになってしまいました。
やはり、最低限の洗面道具等は手荷物にするべきだなと今回思いました。昔は手荷物に洗面道具を入れていたのですが、今は手荷物が多くなってしまうので入れないようになってしまっていました。

そして翌朝は5時にホテルを出て、空港で待機。結局、ウェイティングリストの順に呼び出しをするから、我慢して待っていて下さい、というアナウンスがあり、何時に自分たちが乗れるのかわからないという状態でした。私達はたまたま午前中の便で飛ぶことが出来ましたが、もしかして更に一日フランクフルトで待機の人もいたのかもしれません・・・

8時45分発の便でしたが、1時間以上遅れ、結局ロンドンに着いたのは昼前で、やっと着いてみたら、やはりスーツケースが出てきませんでした。誰がどの便に乗るのかわからない状態なので、私達と一緒の便にスーツケースが乗ってこないのではないかと思っていたら、その通りとなりました。
ここでもまたロストバッゲッジの手続きで並び、この旅は最初から並んでばかりの旅だなあという感じでした。

結局手ぶらでヒースロー空港からヒースローエクスプレスに乗ってパディントン駅へ。ホテルに着いた時には、前日にほとんど寝れなかったので疲れてしまい休憩していたら、既に夕方になってしまいました。


e0195766_20522519.jpg

e0195766_20522740.jpg

e0195766_20522975.jpg

ホテルで少し眠ったら元気になったので、ハイドパークで開催されていたWinter Wonderland へ行ってみました。

e0195766_20523434.jpg

e0195766_20523618.jpg

前の年にロンドンへ行った時にもハイドパークのWinter Wonderland に行ったのですが、静かで良かったので今回もぜひ行って、ドイツのソーセージパンを食べようと思っていたのですが、すごい人でした!オクトーバーフェストみたいな雰囲気!
とりあえず、食べたかったソーセージパンとクレープを食べて、早々に退散~。

e0195766_20524093.jpg

e0195766_20524250.jpg

e0195766_20523803.jpg

すごい人とすごい音量の音楽でゆっくり散歩するという雰囲気ではなかったのが残念。前に行った時には、昼間でしたが、結構のんびりできたのですが。


e0195766_20524622.jpg

e0195766_20524881.jpg

ロンドン初日はハイドパークへ出かけるだけで終了でしたが、とりあえずロンドンに無事到着したので良しということで。
ちなみに、スーツケースは私のはロンドンに着いた日の夜11時頃、ダンナのは更に一日遅れて翌日の夜11時頃ホテルに届きました。やれやれです。

[PR]
by withflute | 2015-01-10 20:10 | 旅 イギリス | Comments(0)

2015年が明けまして

2015年が明けて既に10日が過ぎようとしていますが・・・

明けましておめでとうございます。
2014年の年越しはロンドンで過ごしました。
多少ハプニングもあった旅でしたが、久しぶりにヨーロッパの雰囲気を味あうことが出来ました。
また旅行記を書いていきたいと思っています。

ロンドンから戻ってから、中学時代の同じ吹奏楽部だった友人2人と私の妹と4人で会ってきました。
友人達とは何年ぶりかな~と考えてみましたが、一人とは20歳の時以来かも。
そんなに遠い所にいるわけでもないけれど、連絡を取らないでいると電話番号もメールもわからなくなりだんだん疎遠になってしまう現実。
昨年、中学時代の吹奏楽部の恩師が退職されるということでお祝いパーティがあったのですが(私は本帰国直前で行けなくて残念でした。)、その時に妹が連絡先を交換して、交流が復活したということでした。
これからは、時々は食事をしたりして会って行きたいなあと思います。

ミニ同窓会の後は、妹と一緒に実家に泊まりました。
目的は、ネコですが、キキのほうは慣れてきたら遊んでくれましたが、ショコラの方は相変わらず。
ショコラは人間嫌いなので、人間が部屋を歩き回るとすぐに逃げてしまいます。姿を見せない幻のネコ・・・。
私たちが翌朝まだ布団の中にいたら、居間の中を歩いてました。布団の中から写真をぱちり。

キキ

e0195766_17320410.jpg

ショコラ

e0195766_17320732.jpg



[PR]
by withflute | 2015-01-09 17:50 | 日本の日常 | Comments(0)