人気ブログランキング |

無事定年を迎えた日には

ちょっと面白いニュースが載ってました。

☞ 「祝!定年生活」、通行人に1ユーロ配る 【AFPBB Newsより】
ドイツ中部のアシャッフェンブルク(Aschaffenburg)で、定年退職した男性が道行く人に1ユーロ硬貨を配り、第2の人生の初日を祝った。
 男性はスーツ姿に、「わたしは失業者でもホームレスでもありません。順調な人生を送る既婚者です。だからこそ、みなさんに1ユーロを差し上げたいのです」と書いたプラカードを首から下げ、次々と通行人に1ユーロ硬貨を手渡した。
 男性は職務質問される羽目になったが、路上での金銭配布は犯罪行為には当たらないとして、おとがめはなかったという。


 道行く人に1ユーロを配るなんて、無事定年まで勤めあげたことがよほど嬉しかったんでしょうね。
 1ユーロをもらった人にも幸せが訪れるといいですね。
 今の時代、日本では(世界でも?)定年まで勤められるというのはすごく恵まれたことだと私は思います。
 会社の経営状況、自分のその職種に対する適応能力、自分のその職種への満足度、どれもが揃わないと定年まで勤めるというのはなかなか実現しないような気がします。ましてや今は辞めたくなくてもリストラ、また新卒であっても正社員として就職が出来ない世の中ですから。
 早く日本経済が立ち直って元気になって欲しいと思います056.gif

049.gif今日も訪問ありがとうございます。クリックして下さいね!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2010-09-03 13:43 | 気になる話題 | Comments(4)
Commented by げろんと at 2010-09-03 17:07 x
はじめまして。ランキングからお邪魔しました。
とても素敵なプレゼントですね。
確かに、ドイツでも定年まで働ける人というのは減ってきている気がしますし、最近の労働環境を見れば、「やっと、定年退職できる」とホッとしている人が多いのではないかと思います。
この記事の街、うちからそんなに遠くないです。ちなみに、私も愛知出身です。
また遊びに参ります。
Commented by withflute at 2010-09-03 18:10
げろんとさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
1€のプレゼント面白いですね。ドイツも結構失業が多いと聞いています。
げろんとさんも愛知県ですか!また、遊びに来て下さいね。
Commented by Arata at 2010-09-05 00:20 x
はじめまして~♪
ウルム市在住、歌劇場ファゴット奏者のSさん(日本人)にお会いした時 ドイツでは定年を迎えると医療費は無料だし年金も充実しているので老後はなんの心配もないとおしゃってました。
でもやっぱり日本に帰ってこられるようですが!
Commented by withflute at 2010-09-05 14:35
こんにちは、Arataさん、訪問&コメントありがとうございます。
そうなんですか、ドイツは税金は高いけど、将来の社会保障はしっかりしているんですね。でも老後は日本がいいんでしょうかね?(^.^)
<< ガジュマルの木 真夜中にパン作り >>