人気ブログランキング |

Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis

アムステルダム2日目の朝は、『アンネ フランクの家Anne Frankhuis』に行って来ました。
学生の頃にたぶん誰もが一度は読んだこと・聞いたことのある『アンネの日記』の中に出てくるフランク一家が2年間隠れ家として使用していた家です。
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_2136673.jpg

アンネはドイツのフランクフルト・アム・マインに裕福なユダヤ人一家の次女として誕生した。そこで姉のマルゴットと両親の4人で暮らしていたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が政権をとると、父オットーの考えでユダヤ人迫害から逃れるため、一家はドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。
だが第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、姉のマルゴットに労働キャンプへの召集令状が届いたことで、1942年7月6日に一家は、父オットーの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通りの隠れ家で潜行生活に入ることを決めた。
この隠れ家にはフランク一家とヘルマン・ファン・ペルス一家3人、歯科医フリッツ・プフェファーも入り、計8人のユダヤ人が暮らした。
ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家での事を日記に書き続けた。1944年8月4日にゲシュタポに隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。
アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。収容所の不衛生な環境で、チフスにかかり15歳でこの世を去った。はっきりした日付けはわからないが1945年3月上旬頃と見られている。
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_213631100.jpg

アンネがこっそりと眺めていた隠れ家の隣に建つ西教会の塔
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_21382650.jpg

アンネは2年間外にも出られず、物音を立てない生活を送ってきたわけだが、彼女が将来の夢としていた作家になることの思いを表現していたのがこの日記なのではないかと思う。
この日記には、隠れ家生活の中で思春期を迎えたアンネの思いも綴られている。
隠れ家は、アンネの日記の中ではせまくて窮屈という表現がされているが、実際の家は私が想像していたのよりは広く部屋数も多かった。でもここに8人も住んでいたのだから、思春期の女の子としては窮屈な思いをしたことだろう。
日本にも戦争という悲しい歴史があるが、ヨーロッパにも悲しい歴史がある。これを忘れないようにしなくてはならない。このアンネの家はその象徴のひとつなんだろう。
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_21364615.jpg

アンネの家はダム広場から歩いて行ける距離に建っています。
世界中から訪れるためちゃんと日本語の案内もありました。
チケットを購入するのに並ぶのを覚悟して、と観光案内に書いてあったので、覚悟して行きました。でも私達が行った9時過ぎ(開館は9時)には20人程しか並んでおらず(多分少ない方)そんなに待つことなく入れました。ハイシーズンにはかなりの行列が出来ると思われます。私達は出てきた時は列が長くなっていましたから、時間が早かったのも良かったのかな。

長々とオランダ旅行記を読んで下さった方ありがとう~。
オランダは小さな国だけど見どころが沢山でした。また行ってみたいです。
では最後にオランダグッズとアムステルダム駅近くのカフェで食べたアップルケーキです。049.gif
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_22331442.jpg
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_2233421.jpg
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_2233298.jpg
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_22333935.jpg
Netherlands~アンネ フランクの家Anne Frankhuis_e0195766_22343153.jpg

049.gif今日も訪問ありがとうございます。クリックして下さいね!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2010-11-22 22:42 | 旅 オランダ | Comments(4)
Commented by ぐりこ at 2010-11-23 03:47 x
いつかオランダを訪れることがあれば、一番行きたいのがアンネの家です。
噂には長蛇の列ができると聞きましたが人が多そうですね。
戦争の歴史は決して忘れてはいけないですね。
Commented by withflute at 2010-11-23 15:45
ぐりこさん、アムステルダムに行ったらやはりぜひアンネの家は見ておきたい所ですよね。悲しいけど事実を見るために。
本当は閉館直前に行こうかと思ったのですが9月までしか22時まで営業はしていないようで、その日は19時まででした。朝早くか閉館ぎりぎりなら多少空いているのかも?
Commented by jellyfish222 at 2010-11-23 18:43
アンネの隠れ家はオランダに行ったら絶対行こうと決めてたよ。
わたしが行ったときもたくさんの国のひとが訪れてました。
戦争は子供や弱者を一番先に死においやることがとても多いこと、それを学びました。
Commented by withflute at 2010-11-24 01:22
jellyfishさん、こういった施設があって関心を持つ人も多いのに、世界ではまだ戦争が起こっている事が理解出来ないと思うのは一般人だけなのかな。
<< 今度はピアノと二重奏 ドイツで初チャレンジ >>