人気ブログランキング |

レバーケーゼ

出掛けた先のガソリンスタンドで、『レバーケーゼ Leberkäse』 を食べてみました。

レバーケーゼとは、 Wikipediaによると、
 『肉類を挽いた物と香味野菜およびスパイスを長方形の型に入れて蒸し焼きにした食品。ドイツ南部、オー ストリア、スイスの一部でみられる。ドイツ風ミートローフ。レバーケーゼはドイツ語のレーバー(肝臓)とケー ゼ(チーズ)と言う単語を組み合わせたもので、元々はレバーとチーズ以外のあらゆる物を混ぜてつくったと 言う意味。
 一般的な製法では、細かく挽いた牛肉・豚肉に玉ねぎなどをみじん切りにした物、それにスパイスを加えて、パウンドケーキのような形に蒸し焼きにする。地方により全体の 4%–5% 量のレバーを混ぜる。』 
というもの。

前から気になっていたのですが、食べる機会がなく、先日ガソリンスタンドでお昼のパンを買おうと思ったら売っていたので、よし、買おう!ということで食べてみました。
カイザーゼンメル (Kaisersemmel)という、丸いパンにはさんでもらって、マスタードをつけていただきます~
e0195766_23113562.jpg
e0195766_23114839.jpg

食感は、ハムよりフワフワした感じ。レバーと名前はついていても、レバーの味はしません。調べたところによると、レバーを入れる割合は地方によって違うらしく、入れずに作るところもありそうです。
今回食べたレバーケーゼにレバーが入っていたかは不明・・・マスタードは辛いものと甘いものがついてました。
ハムサンドみたいな感じで美味しかったです~。
半分くらい食べてから撮ったので、イマイチな写真↑008.gif。本当はこんな感じです↓
e0195766_23323028.jpg


049.gif今日も訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-01-31 23:40 | | Comments(2)
Commented by komugi at 2011-02-01 02:42 x
偶然にも今日の我が家の夕食も、レバーケーゼです。
カイザーゼンメルではなく、Bratkaltoffelnの付け合わせですが、、、
分厚いハムみたいな食感で、とても美味しいですよね~!
日本の魚肉ソーセージにもちょっと似ているかも!?と思いました(笑)
いろんな地域やお店によって、特徴があるみたいなので食べ比べをしてみたいです☆
ガソリンスタンドでも売っているんですね!今度うちの近くにもあるか見てみようと思います。
Commented by withflute at 2011-02-01 04:13
komugiさん、前にkomugiさんの記事を読んで一度食べてみたいな~と思ってたのです。
そうそう、魚肉ソーセージみたいな感じです。
やっぱり場所やお店によって味が違うんですよね。私もまた食べてみます^^
<< 何が出来上がるのでしょう。 おやつタイム >>