人気ブログランキング |

ミュンヘン建都とカザフのチョコ

昨日の土曜日マリエン広場に出掛けたら、オデオン広場からマリエン広場まで屋台がずらっと並び、新市庁舎の前にもビアガーデンが設置されていて何かの祭りのようでした。
民族衣装で歩いている人もいて何だろう?と思って、調べてみたら、ミュンヘンの建都祭でした。そういえば昨年も同じ事を思って調べたのでした。忘れてた・・・今年はミュンヘンがバイエルン地方の都として誕生してから853年だそうです。

せっかくなので今日も見に行こうと思ったら、朝から雨が降ったり止んだり。今はまた日が照っているのですが、すぐ雨が降り出すし、さっきは小さいひょうが降ってきたり。4月もそうでしたが、6月も天気が変わりやすいのかな。

ミュンヘン建都とカザフのチョコ_e0195766_1939371.jpg

昨日英語の先生にもらったチョコレート。
カザフスタンのチョコです。カザフスタンのチョコを食べることなどほぼ無いので記念に写真をパチリ。ほろにがビター味でした。
このパッケージに書いてあるアスタナ(Astana)は、カザフスタン共和国の首都の名前でした。

先生はカザフスタンの出身で、長くアメリカで生活していて今はアメリカ人の旦那さまとドイツに住んでいるのですが、その先生が、カザフスタンは冬には -40 °Cになることもある、と言っていました。
マ、マイナス40℃?耐えられません~。先生にしたらドイツの寒さは大したことないのでしょう。

カザフスタンはロシアと中国に接する国。このアスタナは、1998年のカザフスタン政府主催の国際コンペで1位に選ばれた日本の建築家・黒川紀章さんの都市計画案に基づき開発が続けられている(Wikipediaより)そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-06-19 20:59 | ドイツの日常 | Comments(2)
Commented by karatodai at 2011-06-20 06:13 x
カザフスタン…普段は聞き慣れない国の一つですよね
このチョコ、貴重なチョコですよ
でも、昨日業務用スーパーで買ったチョコがなんとポーランドのチョコでした
甘さが日本と比べて甘かった
私好みo(^▽^)o
Commented by withflute at 2011-06-20 16:37
karatodaiさん、カザフスタン、という国日本では余程でなければ話題にならないし旅行にも行かない国ですよね。
そんな国のチョコを貰えてなんだか不思議^^
業務用のスーパーにポーランドのチョコがあったんですか?私はチョコを食べ始めるととまりません~ドイツに来てから絶対チョコを食べる量が増えた~いつも冷蔵庫にチョコ・・・^^;
<< ミュンヘン建都853年 Czech Republic ... >>