人気ブログランキング |

ハイツングの目盛

外国語を話すのは疲れます、ふぅ・・・008.gif。これは的確な表現ではない・・・話すのが疲れるのではなくて、話そう、話さなくては、通じるかしら、と力んでしまうから疲れるのかも。
話すと言っても、私の場合そう話せるわけではないので、自分から知らない人に話しかけることはまずありませんし、語学の先生かフルートの先生か、私の語学レベルを知っている人としか話さないから、一応相手は私の言いたい事を推理しながら聞いてくれようとするから通じるだけ。

今日はまた、ふぅ~と思った日。何がと言うと、ハウスマイスターに用事があって話しかけたからなのです。
先日、部屋のハイツングの目盛が落下したのでした。
どうして突然外れたのか全くわからないのですが、しっかりはまってなかったのでしょうか?
落ちた時に自分でまた元通りにはめておいたのですが、気になるのは、この外れたことが後から何か問題があるのか・・・?ということです。

ドイツのハイツング(暖房器具)は年に一回、使用量の検針にやってきます。その時に温度計みたいな物の目盛を見て記録していきます。
どうみてもハイテクなものに見えないので、どうやってこれで使用量を調べられるのか、仕組みがずっと疑問です。
なので、落下した事により、一旦目盛が外れた(故意に外した)と思われて、不正をしているのでは?と考えられてしまうのではないかと思って心配です。

それで、先日ドイツ語の先生にそれを話をして、何か問題が発生するのでしょうか?と聞いてみましたが、わからない、とのことでした。同じクラスに通う人にも聞いてみたけど、わからない、とのお返事。
このハイツングの仕組みについては意外と知っている人がいないのかな~ドイツ人に聞いても知らないと言われちゃったし。
で、ドイツ語の先生にはハウスマイスターに質問してみたら、と言われ、その練習をしました。(させられた・・・)
でもなかなか、ハウスマイスターが歩いている所に出くわす事がなく言えずじまいだったのですが、今日たまたまアパートの敷地を歩いていたので、急いで家から出て後を追いかけて話しかけてみたのですが、案の定あまりわかってもらえず、結局持っていたノートを見せて理解してもらえました。(一応これでドイツ語の先生に、あれからどうなった、と話が出来る~。何もせずダンナ任せにしたら教えてくれた先生に悪いですしね042.gif
結果は、ハウスマイスターでは処理出来ないのでハイツングの会社へ電話して、ということでしたが・・・。

語学を勉強することは楽しいけど、実際に知らない人と話すのは結構苦痛と思うのは、まだまだ勉強が足りないのでしょう。

今日はその他にも、外出した帰りになんだか疲れてしまったのでちょっとカフェで休憩、と思ってコーヒーを頼んだら、小さいの、と言ったつもりなのに、ばかでかいカップでなみなみコーヒーが出てきてしまいお腹たぷたぷ。そして、ドイツ語の新しい教科書を買いにマリエンの本屋へ行ったら欲しかったレベルだけ品切れ、仕方がないので別の本屋へ行ったらそこにもなくて、ダメ元でこの本の次のレベルのはあるか?と聞いたら、マリエンの方が大きいからそっちへ行って、と言われがっかり。困ったな~来週から使うのに無かったらどうしたらいいのかな、アマゾン?ふぅ。
そうそう、モヤシを買いに行ったらモヤシも売り切れ・・・。
そんな日もあるかな、ということにしておきましょう。

で、このハイツングの目盛が外れてしまった事は問題ありでしょうかね・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-03-03 03:42 | 勉強 | Comments(4)
Commented by ぐりこ at 2012-03-04 19:49 x
ついてないなーって日がたまにありますね。
うちのハイツングには温度計みたいなメモリがないので
参考になるコメントは出来ませんがメモリが落下するのは一大事ですね。
私も電話はニガテなのでお気持ちお察しします。
早く解決するといいですね。
Commented by withflute at 2012-03-05 18:29
ぐりこさん、新しいハイツングは温度計みたいなものでなくてデジタルで読めるようになってるみたいですね。それだと故障しているかどうかわかるような気もするのですが。
外国語で電話・・・言いたい事を言うだけならまだいいですが、何かそれに対して言われても聞きとれないので電話は困ります^^;
Commented by jellyfish222 at 2012-03-06 17:04
そんな日もあるさ!
Commented by withflute at 2012-03-07 01:00
jellyfishさん、そうだね!そう思う事にしよう^^
<< Austria グラーツの穴場... バターたっぷりブレーツェル >>