人気ブログランキング |

ミュンヘンフィルハーモニーの演奏会

昨日は突然、コンサートに行って来ました。
ドイツ語の先生が急に行けなくなったということで、偶然授業があった私に、行く?と言ってくれて、ありがたく行く事にしました。
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 Muenchner Philharmoniker の定期演奏会でした。
曲目は、 J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調
      ストラヴィンスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
      ストラヴィンスキー  ペトルーシュカ(バージョン1947)

良かったです~。初めてミュンヘンフィルの演奏を聴いたのですが、良かった!
ヴァイオリン協奏曲はThomas Zehetmair というオーストリアのヴァイオリニストの演奏でした。
ペトルーシュカはピアノ演奏も。(これは確かノダメに出てきた曲ですね)
3曲とも素晴らしかったです。チケットをくれた先生に感謝です。043.gif

今回初めてミュンヘンフィルの演奏会に行ったのですが、お客さんの年齢層が高いことにオドロキ。でも、まあ当たり前といえば当たり前かも、と思ったりもしましたが。先生のチケットは年間で予約しているものなので、年に5回ほど決まった席で聴くことが出来るようになっているようです。きっとそういうふうに年齢が上がるほどに興味を持ち、ミュンヘンフィルのファンの人が年間チケットを買って来ているのでしょう。
今まで行ったどの演奏会よりも年齢層が高くて、しかもみんなちゃんとスーツにネクタイ、女性はスカート。私はさすがにジーンズはやめましたが、それでも、私浮いてる?と思ったりしてちょっと焦りました・・・。でも後ろの方の席だったので、そこはもう少しラフな格好の人もいたので良かったです。きっと観光客向けの演奏会ではないので、あまりラフな格好だとダメなんですね。ウィーンやプラハでの演奏会は観光客向けだったので、ほとんどの人はジーンズとかパンツスタイルでしたし。
でもまあ、かなり前列でなければ、男性はジャケット、女性はある程度ちゃんとした格好であれば大丈夫かと思いました。

とても良かった演奏会でしたが、一つ残念なことが。
私の席の後ろに10人くらいの若者が座っていたのですが(留学生なのかな?ドイツ人ではないようでした、違う言葉を話していたので)、その人達が演奏が始まっても、コソコソ クスクス話して笑っていたのです・・・。
曲の始まりにほんの少しだけ話してた、とかならまだわからないでもないですが、曲の間、誰か彼かが話しているのです。私の横のドイツ人男性もあまりに気になったらしく、一回後ろを振り向きましたが、効果はナシでした。話をしたいならコンサートに来るなー!というのが私の内心でした。一楽章が終わって次、二楽章という間もコソコソ話し声。緊張感台無し。極めつけは誰かの携帯の着信が!おいっ!って感じでした。会場全体には聞えなかったようですが、同じゾーンの人達には聞えたようです。
やはりこういうところではマナーは守って欲しいな~と思ったのでした。021.gif隣のドイツ人夫婦は休憩後、空いていた席に移って行きました・・・。

でも、コンサートは良かったです006.gif。今度は自分でチケット買って行きたいな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-03-23 19:55 | 音楽と好きなもの | Comments(2)
Commented by sachiko at 2012-03-24 16:07 x
良いコンサートを堪能できて良かったね。
でも、おしゃべりな人たちって、ほんとにやだよね。
映画館でさえイライラするもんね。コンサート会場では全く許せないワ
Commented by withflute at 2012-03-25 02:12
sachikoさん、オケのコンサートはやっぱりいいね。3曲とも良い曲だった^^
しか~し、あのおしゃべりにはちょっと・・・。こんなのは初めての経験かもしれない。日本でもこんな経験ないから、音楽の本場であるヨーロッパで?って感じだったけどね^^;
<< Finland SIIDA博物館 Finland 北極圏イナリ村 >>