人気ブログランキング |

新しい学校か否か

もうすっかり秋。日本だとようやく残暑も終わってこれから秋を楽しむという時ですが、ドイツはもうすぐ冬という感じですね。
木々が紅葉して既に落ち葉がたくさん。今年もあと3ヶ月でおしまい。なんだか月日が流れるのが本当に早いです。

先日のタンデムの日の話です。
タンデムさんは今月からまた日本語の授業を再開したそうです。先日一回目の授業を受けたそうですが、どうだった?と聞いたら、うーん、簡単だった、と言ってました。既に知っていることを授業で習ったようでした。レベルを一つ上げたら?と聞いたら、それはちょっと自信がないな~と。とりあえずそのままのクラスで受けるようです。
そのタンデムさんが苦労しているのは、物を数え方のようで、今日はそれを質問されました。
どうしてこんなに色々違うの~!Oh, mein Gott! と言われました。でも、ドイツ語にも冠詞der,die,dasがあるから一緒一緒と言っておきましたが、確かにかなり複雑です。
一本、一杯、一歳、一台、一枚、一個、一つ、一羽、一匹、一頭、一脚、一冊、一軒、一足・・・特殊なものは日本人である私もわかりません・・・。

そのタンデムさんに、年が明けたらVHSのドイツ語の授業を受けてみようかと思ってるんだけど、という話をしたら、どうして?今の学校では何か問題があるの??と、かな~り真剣に聞かれてしまいました。
いえ、そうではないのですが、あとどれだけここにいられるかわからないので、また他のところでやってみたくなったんです、と言ったら、でもVHSは人数が多いと聞くから、なかなか発言する機会がないよ、と。
確かにそうなんですよね。昨年3ヶ月通っていた学校はそれほど大所帯ではありませんでしたが、12~15人くらいでもなかなか話す機会がなかったかも。積極的な方ではないので、他の人が話しているのにそれにかぶせて自分が発言するということは出来ないので、完全に他の人に押され気味というか押されていました。
そう言われてしまうとどうしようかな~と迷ってしまいます。
今の学校は日本人のための学校なので授業以外でドイツ語を話すことはありません。出来ればもっとドイツ語で話をしたいな~と思うのですが、昨年通っていた時の事を思い出してみたら、授業以外で他の人と話をしたかといえばしていなかったな。ということは、またそういう学校にいっても同じことで、逆に発言する機会が減ってしまうかなとも思ったり。
英語が出来れば他の人との会話も広がるのかもしれませんが、それもなかなか難しいし。いっそのこと、英語を習いにVHSに行ったらドイツ人の知り合いも出来るかも?なんて考えたりもしますが。
ドイツに住んでいても、仕事をしているわけでもなく、家では日本語のみ、となると、自分で何かしないとなかなかドイツ語も英語も話す時がありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-10-08 05:02 | 勉強 | Comments(2)
Commented by karatodai at 2012-10-08 09:54 x
そうですね~
家にこもってたら会話しませんよね
大人数のクラスはやはり上達するのが難しいかも…
なにせ話すことが1番の上達法ですからね
お買い物とかでドンドン会話してみるのもいいかも?
私は市場なんかでおばちゃんと友達になってオマケしてもらってました
Commented by withflute at 2012-10-08 17:26
karatodaiさん、買い物で会話、それが出来れば言うことなしなんですけど^^;私のダメなところはそういう勇気がないところなんですよね。今はタンデムさんを見つけてなんとか会話する機会をつくってるのですが。ああ、勇気がほしい~^^!
<< あんぱんとミルクプリン Austria シャーフベルク... >>