人気ブログランキング |

Café Luitpold と ドイツ語の宛名の書き方

昨日はRさんと Café Luitpold でタンデムしてきました。
カフェ ルイポルトと言えば、ミュンヘンの老舗カフェで、1888年創業。
第二次世界大戦で一度破壊されてしまったそうですが、その後また営業を再開したカフェです。
地下鉄Odeonsplatz からBrienner Strasseを少し歩くとあります。
私はコーヒーだけでしたが、Rさんはカボチャとなにかのニョッキを食べてました。
食事も出来るし、 ケーキも豊富。
ガイドブックにも載っているお店ですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。
写真がないのが残念ですが、お店の中は結構素敵な雰囲気。私達が行った18時頃はほぼ満席でしたが、20時前になると空いてきました。夏だと外の席があるので、店内はもっと空いているかもしれません。
年齢層は高そうでした。でも入りにくい雰囲気ではないので一度くらいケーキを食べてみるのもいいかな。値段はまあ安くはないようですが。
このカフェの上にはカフェルイポルトの博物館がありました。(無料)
カフェの周辺の昔の写真や絵、を見ることが出来ました。ドイツ語による歴史の説明も。

今日はタンデムで、手紙の宛名のことを教えてもらいました。
友達にメールや葉書を書く時の宛名の書き方は、やり取りをしているうちに覚えましたが、友達やドイツ語の先生以外にドイツ語でメールを書いたことがありません。
今回、歯医者さんにメールを書く用事があったので、ネットで調べながら一応書いたのですが、いまいちはっきりとわからないので、質問してみました。

というのは、男性宛ての場合、Herr (英語でいうMr.)をつけますが、ネットで調べていたら、Herr(1格)とHerrn(3格)が出てきたので、どういう時にHerrで、Herrnはどういう時に使うのかわからなくなってしまいました。
そして、歯医者の先生だとDr. をつけるので、Herr とDr. は両方書くのかそうでないのか、など。
こういうのはテキストに出てきた覚えがないのですが、私の使っていたものには出てこなかったのかな~。

ということで、Rさんに質問したら、
Dr.をつける場合はDr.のみで良いと言われました。
そして、封筒や葉書の宛名がHerrn(3格)で、メールや手紙の書き出しはHerr(1格)。
Sehr geehrter Herr ○○
ちなみに女性の場合はFrau は1格も3格も同じなので迷いませんね。Sehr geehrte Frau ○○

基本的なことですが、そういった手紙を書く用事もなかったので、今回勉強できて良かったです。

ついでに、Rさんが食事が終わった時には4時の位置にファークとナイフを揃えて置くと食事が終わったと言う意味だと、教えてくれました。
それも知らなかったな~。ただ揃えていただけでした。勉強になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-10-17 03:52 | 勉強 | Comments(0)
<< タンデムSさんの日本旅行 嬉しい出会い >>