人気ブログランキング |

2011年 07月 09日 ( 1 )

現代曲と緑のチョコ

日本に帰っていたため、3週間ぶりのフルートレッスンでした。

今週はパウル・ヒンデミット Paul Hindemith というドイツ出身の作曲家・ビオラ奏者の曲、『無伴奏フルートのための8つの小品』からの一曲を練習しました。
このヒンデミットさんは、1920年頃からロマン派から新即物主義へと移行していった人なのだそうです。新即物主義、とは難しくて良くわかりませんが、現代音楽の作風の作曲家ということでしょうか。
今練習しているのは『8つの小品』の中の一曲なのですが、これも現代曲っぽい。

私は昔から現代音楽というのが苦手で、吹奏楽コンクールの選曲で現代曲っぽいものが入ってくると、え~008.gifという感じでした。
しかもまた、高校時代の吹奏楽顧問の先生がそういう音楽が好きで・・・
私の中では、現代音楽というものはメロディーがないというか、はっきりしないというイメージ。(ホントはもちろんメロディーはあるのでしょうけど・・・)
私の好みはメロディーが流れるような音楽か勢いのあるテンポの良い曲。
まあでも、どんな曲でも吹けるようになるのは良いことなので、練習します~。

先生がこの作曲者がどういう人かを説明してくれた時、自分も大学に入った頃この作品を全部練習した、と言ってました。
先生との会話はいまだ途切れ途切れ。先生はホント根気よくやってくれているな~と感謝です。でも、言葉がわからない分、先生の吹き方や音を注意して見たり聴いたりするようになりました。
日本で習っていた時は、そこまで真剣に聴いてなかったかも?
この日のレッスンでちょっとトンチンカンな間違え・・・チューニングする時に、先生が『エーを出して』と言った時、私はE(ミ)の音を出したのですが、A(ラ)の間違いでした。先生は英語で言ったのでした。でも私がドイツ語で取ってしまった・・・
音階を言うときはドイツ語のほうがわかりやすいのかも・・・です。
e0195766_19501613.jpg

レッスンが終わった時に先生に日本からのお土産を渡しました。日本からの食べ物は今の時期、ドイツ人には微妙かなと思ったのですが喜んでくれました。
当然、『これは何?』と聞かれたので、『えっと、cookie mit Schocolade・・・042.gif?』??ドイツ語でクッキーはなんと言うのかな、後で調べてみよう・・・
意味がわかったかどうかわかりませんが、緑のチョコ?と面白がってくれました。045.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-07-09 01:58 | 音楽と好きなもの | Comments(2)