人気ブログランキング |

2011年 07月 17日 ( 1 )

教会でヨーデル

金曜日の夜、東日本大震災チャリティーコンサートを聴きに行って来ました。
場所は聖マクシミリアン教会 St.Maximilian Kirche。
3月に被災者の為の特別礼拝が行われた時行ったことのある教会ですが、ここは正面入口の所に大きな木があって、正面から見ると森の中の教会のようです。
e0195766_223598.jpg
e0195766_2231764.jpg

20時からだったので19時過ぎに行ったら、まだあまり人がいなかったので今日は少ないのかなと思っていたら、始まる頃には席はほぼ一杯になっていました。

この日は、ヴァイオリン・フルート・ピアノ三重奏、ウクレレデュオ、女声コーラス、ピアノ、ヨーデルと盛りだくさんでした。
ピアノはアリス・紗良・オットさんという日独ハーフの若手ピアニストの出演でした。日本でもオーケストラと共演しているんですね。YouTubeでも演奏を聴きましたが素敵でした。妹さんもピアニストなんだそうです。

そして、一番強烈というか面白かったのは、石井健雄さんのヨーデル。生粋の日本人なのですが、若い頃趣味でやっていたヨーデルを職業にした方なのだそうです。
ヨーデルとは、アルプスの山を想像させる高音と低音を交互に出して歌う、アニメアルプスの少女ハイジの歌にも出てくる歌ですが、イメージとしては陽気なイメージ。それを教会で聴けるとは!ご本人も教会で歌うのは場違いかな~みたいなことをおしゃってました。でも、とても盛り上がりました。

あの大震災から4カ月が過ぎました。でもまだまだ復興の兆しは遠い。
93歳の女性がお墓にひなんしますと自殺してしまった悲しい出来事もありました。
一日も早く復興が進むことを願うばかりです。
e0195766_2232725.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-07-17 05:23 | 音楽と好きなもの | Comments(2)