人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

Valentin-Musaeum クラッシックなカフェ

土曜日は買い物ついでにイザール門へ行ってきました。
e0195766_5265069.jpg
e0195766_527517.jpg
e0195766_5271840.jpg
e0195766_5273690.jpg


このイザール門の中に、ファレンティン ムゾイム Valentin-Musaeum という小さな博物館があります。
ミュンヘン出身コメディアンのカール・ファレンティン(1882-1948)と相手役のリーズルの活躍を記念した記念館なのだそうです。
この博物館の面白いところは、開館時間や入場料が半端な数字になっているところや名前がちょっともじってあるところ。日曜日は10:01~17:59の開館時間で、博物館はドイツ語では、Museumムゼウムですが、Musaeum ムゾイムとなっていて、また入場料は2.99€という半端な数字。
こんなことに魅かれてちょっと覗いてみたくなりました。
e0195766_5274751.jpg

建物の入口を入るとすぐチケット売場がありました。
そして細い階段を上っていきます。
e0195766_528173.jpg
e0195766_5282439.jpg




このイザール門を外から見ると、塔の一番上にCafeと書かれていてこれも前から気になっていたので、ここでお昼を食べる事にしました。
e0195766_5283727.jpg

e0195766_5291145.jpg

カフェの中は、クラッシックさ満点。まさに古き良き時代という感じ。
e0195766_5292252.jpg
e0195766_5293383.jpg




e0195766_5294710.jpg
e0195766_5295983.jpg
e0195766_5301654.jpg
e0195766_5303157.jpg

定番ソーセージとブレーツェルでお昼ご飯です。
e0195766_5304592.jpg
e0195766_531245.jpg
e0195766_531143.jpg
e0195766_5313444.jpg

カプチーノを注文したら大きいカップになみなみで飲みごたえたっぷり。
それにしても、コップが大きい割にこのソーサーはかなり小さい気がする・・・これもおもしろい。
e0195766_5314955.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-31 00:52 | 旅 ドイツ | Comments(8)

Austria 旅の終わりと看板

新市街へ戻って来たところで帰りの予定時間が近づいて来たため、ザルツブルク中央駅へ戻ることにしました。
とても天気が良い日058.gifだったので、のど渇いた~、と思いつつ、とりあえず駅へ行って帰りの電車を確認してから、中央駅のところで何か飲もうかな~と。

乗る予定だった電車出発の1時間前に駅に行って、電光掲示板を見たら、イヤな予感。本来ホームの番号が出るところに、文字がズラズラ~と流れています。
ミュンヘンでもそうですが、電車やバスの電光掲示板に文字が流れていると、トラブルで予定通りに電車が走らないということ。
ヤダな~と思いつつ、、電子辞書で流れている単語をひろうと、私の予定していた電車はなくなった!?
え~!005.gifホームに行ってみるとMuenchenと表示されている電車が停車中。そこのホームの電光掲示板にもMuenchenと出ている。隣のホームを見ると、Muenchenと電光掲示板にあるけどその下にも文字が。辞書で見ると、ここで終わり、折り返さないから乗るな、というようなことが。

焦った私は、ホームにいたDB(ドイチェバーン)の人に、カタコトでミュンヘンに行きたいと言ったら、なんたらかんたら・・・・全然わかりません。008.gif
すると、同じくミュンヘンへこの電車は行くのかと聞いている女性が。もう一度2人に英語で説明してくれるものの、速すぎてわからず、その女性は当然のことながら理解した様子。
更に焦った私は、この電車にとりあえず乗ればいいのかと聞き、そうしたら、そう!と言われたので、乗るしかないと思って乗りました。説明の時に、ウーバーゼー(地名)とバス、チェンジ、更にチェンジということだけ何となくわかったのですが、つまり、とりあえずここのDBに乗り、ウーバーゼーでバスに乗り換えてどこかまで行き、そこでまたDBに乗り換えたらミュンヘンに帰れる、ということ?
そして私はとりあえず駅に停車しているDBに乗ったわけですが、どの車両に乗ったかというと、先ほどミュンヘンに行くのかと聞いていた女性が乗った車両に。多分彼女について行けば間違いないだろうと・・・042.gif

そして無事にミュンヘンに帰れたわけですが、バスに乗り換えたのはウーバーゼーではなく、その一つ前の電車の駅で、そこからウーバーセーまで30分くらいバスで走り、ウーバーセーからまたDBに乗り換えたのでした。
やれやれ~。最後はちょっとヤバかった一人旅でした。しかも、焦って電車に乗ってしまったため、水の1本も買えず、のどはカラカラ。ミュンヘンまで2時間半くらい我慢でした。ミュンヘン中央駅についてまず行ったのは売店でした。

最後に、ザルツブルクのお店の看板。ヨーロッパの看板はお洒落なものが多いので見ていて楽しいです。
e0195766_6451693.jpg

これが今回一番お気に入り。
e0195766_6395967.jpg
e0195766_640173.jpg
e0195766_6402972.jpg
e0195766_6404235.jpg
e0195766_6405421.jpg
e0195766_641485.jpg
e0195766_6412150.jpg
e0195766_6413688.jpg

帰りのバスの車窓から。
最後に焦ったけど、無事に初一人旅(度胸試し?)を経験出来ました。
e0195766_6415249.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-30 05:04 | 旅 オーストリア | Comments(8)

Austria レジデンツ広場

レジデンツ広場の方へ移動して、大聖堂の前に来ました。
e0195766_6221067.jpg

レジデンツ広場のアトラス神の噴水。
e0195766_6225577.jpg

新レジデンツの鐘楼。グロッケンシュピール と呼ばれるカリヨン。
鐘の所まで上がれるようです。人が歩いているのが遠目に。
e0195766_6234071.jpg

大聖堂の内部。
e0195766_6313361.jpg
e0195766_6314882.jpg

丸い天井の大きな教会です。
e0195766_632284.jpg

大聖堂は入場料は不要ですが、入口の所に係の人がいて、寄付をお願いしますという箱に寄付を入れると、ありがとうございますと書かれたカードをくれました。しかも、日本語で書いてあるもの!係の人は一瞬で私を日本人だと判断したらしい。

モーツアルトもここで洗礼をうけたそうです。
e0195766_6321643.jpg
e0195766_632319.jpg




あ、金のボールの上に人(人形)がいます。
e0195766_6324555.jpg

この人は、パパゲーノ。モーツアルトの魔笛に登場する鳥刺し(鳥類を捕獲する人)。
e0195766_6325958.jpg

モーツアルトの像。
e0195766_6331895.jpg

ここで、また新市街へ戻って、聖セバスティアン教会 St.Sebastian へ。
カフェなどのお店が並ぶ通りに建っているので、つい通り過ぎてしまいそうでした。
ここの教会の墓地にはモーツアルトの両親が眠っているとのことだ。
e0195766_6333535.jpg
e0195766_6335257.jpg
e0195766_634970.jpg

e0195766_6342336.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-29 04:22 | 旅 オーストリア | Comments(0)

Austria 創業1705年のカフェ

この建物もメンヒスベルクの岩にくいこんで建っています。
e0195766_328485.jpg

e0195766_3282658.jpg

ここは、昔の市民救済病院だった建物だそうで、今はおもちゃ博物館になっています。
でも、残念ながら改装中~。10月までお休みのようでした。
e0195766_3242416.jpg
e0195766_3243596.jpg

祝祭劇場。ここが有名なザルツブルク音楽祭のメイン会場。
毎年7月下旬からから8月に開催されるのですが、もうチケットはないだろうな~008.gif一度は行きたい音楽祭です。
e0195766_3244712.jpg

モーツアルトの生家。前回入ったので今回は素通り。
e0195766_325139.jpg

この日はとても天気が良くて暑いくらい。もう14時を過ぎて、さすがに歩き疲れてのども渇いたので、お昼ご飯休憩。
一人なので立ち食いでもしようかと思いましたが、座りたかったのでカフェレストランへ。
トマセッリ Tomaselli  1705年創業の古いカフェ。
e0195766_3251790.jpg

外のテラスはもちろん満席、中はガラガラでした。
e0195766_3253263.jpg

オムレツmit チーズとハム にしました。
お皿いっぱいのオムレツが出てきてびっくり。
e0195766_3254482.jpg
e0195766_3255777.jpg
e0195766_326781.jpg

あつあつのオムレツを食べてしばし休憩して、滞在予定時間も少なくなってきたので次へ向かいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-28 03:17 | 旅 オーストリア | Comments(4)

世の中にアンテナ・・・EHEC問題

今ドイツ北部で、腸管出血性大腸菌(EHEC)が原因の食中毒が発生しているというニュース。
先週からこのニュースが流れていたようですが、実は知りませんでした・・・。

今朝、実家の母にメールをしたら、返信で『ドイツできゅうりとかトマトとか大腸菌が出てるみたいだけど、大丈夫?』と書かれていて、何のこと?と思ってました。
そのあとに他の方のブログを読んでいたらその事が書いてあって、知らなかった005.gif・・・と思ったのでした。

一応、毎日Yahooニュースはネットで見るようにしていますが、載っていたのかな?

さっき、Yahooニュースで検索したら、やっと1件載っているニュースを発見しました。27日の日本時間19:30に更新されたもので、原因はスペイン産のキュウリだとか。

ドイツに住んでる私が知らなくて、日本に住んでる母が知っているとは、なんとも・・・。TVは基本見ない(見てもわからない)ので、ドイツ国内ニュースはYahooニュースの海外分に頼っています。やっぱり世の中の情報にアンテナを張らないとダメですね。042.gif
ドイツ日本国大使館HPにも注意喚起が出ていました。

そのEHECの事を書いてくださっていたFrau Kuritanさんから『LTG チャリティーTシャツ販売のお知らせ』もあったので、リンクさせていただきます。東日本大震災で被災された方を応援するプロジェクトです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-28 03:15 | 気になる話題 | Comments(2)

Austria メンヒスベルクから望む街

ミラベル庭園を後にして、ザルツァッハ川を渡り旧市街へ。

このザルツブルクには観光用にザルツブルクカードというのがあり、25€で24時間市内のバス乗り放題、ほとんどの観光施設が入場無料になるという優れもの。前回来た時はそれを購入したのですが、今回は半日しか時間がないことと前回見ていない所を見ようと思ったため、カードは購入しませんでした。
e0195766_3124826.jpg

旧市街に入って最初に目指したのは、メンヒスベルクの展望台。
ここはメンヒスベルクの岩壁に造られたエレベーターで上ることが出来ます。近代美術館があるところ。
e0195766_313221.jpg
e0195766_3131595.jpg

e0195766_3133279.jpg

エレベーターで上ると旧市街が眼下に広がります。
e0195766_3134854.jpg

向こうに見えるのは、ホーエンザルツブルク城。ここにはケーブルカーで上がることが出来ます。
e0195766_314014.jpg
e0195766_3141860.jpg
e0195766_314317.jpg
e0195766_3152643.jpg

片道用のエレベーターチケットもあったということは、歩いて降りる事が出来ることかな?私は帰りもエレベーターで。
ここのエレベーターは乗る前にチケットのバーコードを機械で読み取るのですが、帰りも降りて来て出る所で読み取りが必要でした。ということは、ちゃんとチケット(レシートみたいなペラペラのもの)を持っていないとダメということですね。捨てないで良かった・・・。

ザルツブルクは上に線を走らせているトロリーバスが走っていました。
e0195766_3154483.jpg
e0195766_316593.jpg

ゲトライデカッセという商店で賑わう通りに入る手前にある、ブラジウス教会Brasiuskirche。
こじんまりとした教会ですが、落ち着いたたたずまい、という感じです。
e0195766_3162037.jpg
e0195766_31634100.jpg
e0195766_3164831.jpg
e0195766_31715.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-27 02:47 | 旅 オーストリア | Comments(6)

Austria ミラベル庭園

ザルツブルクを訪れるのは3回目。昔、就職して間もない頃と昨年6月。何度来てもザルツブルクは素敵な街です。

ザルツブルク中央駅からミラベル庭園まで徒歩で10分くらい。交差点で地図を見ていたら、通りかかった女性に、何かお困りですか?と声をかけられ、ミラベル庭園に行きたいのです、と言ったら、こちらですと教えてくれました。とてもきれいな公園よ、とおっしゃり、ここに住んでいる人にも自慢の場所なのだということが伝わってきました。
e0195766_1572897.jpg

映画サウンドオブミュージックでマリアと子供たちが『ドレミの歌』を歌ったドレミの階段 から見た庭園。
e0195766_1493030.jpg
e0195766_1485945.jpg
e0195766_1491576.jpg
e0195766_1494175.jpg

庭園にはギリシャ神話をモチーフにした彫刻がありました。
e0195766_1495523.jpg

e0195766_1501123.jpg

ペガサスの泉。後ろのミラベル宮殿は現在市役所や図書館として使われているとのこと。
e0195766_1502813.jpg

庭園の向かいの小さな橋を渡った所にある、妖精の庭 にあった妖精の彫刻。
e0195766_1504550.jpg
e0195766_151060.jpg

e0195766_2232859.jpg

e0195766_1512255.jpg

このアーチも映画に出てきた場所。
この庭園にいると、どこからかマリアの歌声が聞こえてきそうです。056.gif
e0195766_151332.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-26 02:56 | 旅 オーストリア | Comments(6)

Austria ザルツブルクへ一人旅

先週の木曜日、天気が良かったのでお隣の国、オーストリアのザルツブルクに行って来ました。
海外で初の一人旅。ちょっとドキドキしながら。

ミュンヘン中央駅で、バイエルンチケット Bayern Ticket を購入。シングル用なので21€でした。
このバイエルンチケットもパートナー用があって、2人から5人までならかなりお得です。
e0195766_53813100.jpg
e0195766_53827100.jpg

バイエルンチケットは、ドイツのバイエルン州の中で有効なのですが、オーストリアのザルツブルグ中央駅までなら使用可能ということなので便利なチケットです。
e0195766_5383923.jpg

初めて中央駅の中に入ったのですが、広くてびっくり。目指すは9番ホームですが見当たらない・・・と思ったら、一番奥にありました。早めに駅に行って良かった~。e0195766_538578.jpg

e0195766_539930.jpg


この赤いDB ドイチェバーン に乗って出発です。
バイエルンチケットはICEなどの特急には乗れませんので、REという急行の2等で。
e0195766_5392257.jpg

ミュンヘン中央駅は始発なので、席は充分ありました。でも、次のミュンヘンオストの駅でかなりの人が乗ってきたのでほぼ満席になりました。平日でも結構乗る人がいるんですね~。
自転車と一緒に電車に乗る人用の席もありました。さすが自転車の国、ドイツです。
e0195766_539374.jpg
e0195766_5394925.jpg

とりあえず、コーヒーとブレーツェルで朝ご飯。
e0195766_540328.jpg

ミュンヘン中央駅を9:40頃に出発して、2時間でザルツブルク中央駅に無事到着しました。
駅は改装中のようでした・・・。
e0195766_5403124.jpg
e0195766_540413.jpg

早速ミラベル庭園を目指して歩きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-25 06:05 | 旅 オーストリア | Comments(12)

Kloster Andechs アンデックスでハイキング

お昼ご飯を食べた後は修道院を散策しました。
e0195766_5264558.jpg

アンデックス修道院はロココ調建築。
e0195766_5265984.jpg

e0195766_5271585.jpg




修道院の中はとても豪華。白い壁に金の装飾や美しいフレスコ画が描かれています。
『カルミナ・ブラーナ』の作曲者カール・オルフのお墓もありました。
e0195766_5273345.jpg
e0195766_5274765.jpg
e0195766_528212.jpg

丘からの風景。昨年の2月に来た時はまだ雪が見えましたが、この日は緑が広がり、青い空。
e0195766_5281621.jpg
e0195766_528309.jpg
e0195766_5284822.jpg
e0195766_529299.jpg

修道院への上がり口にもビアガーデン。焼き魚も売ってました。
e0195766_5291495.jpg
e0195766_5292895.jpg

ここはビールの醸造所を見学出来るのですが、残念ながら平日の火水とのこと。
森鴎外も、ドイツ留学中、1886年にここを訪れたという話もあるようです。
e0195766_5294490.jpg

お腹もいっぱいになって、美しい景色も堪能したので、まだまだ太陽が沈むまでには時間がありますが帰ることにしました。
この修道院はSバーンのS6 とS8 の駅の間に位置し、2つの駅をバスが結んでいるという交通状況です。
行きに降りたS6 の駅に向かって行くにはバスに乗らなければ無理な距離(バスで30分、途中かなりバスはスピードを出す区間あり)です。
S8 のヘアシング Herrsching という駅までなら約1時間で歩くことが出来ると読んだので、歩いてみることにしました。
e0195766_530173.jpg
e0195766_530206.jpg
e0195766_5303245.jpg
e0195766_5304843.jpg

地図もなく、あまり下調べもせず、バス通りを行けばHerrschingへたどり着けるだろうという適当さで歩きだしたので、途中迷いかけましたが、川沿いを行けばいいだろうということで歩いていたら、この看板が出てきて一安心。
e0195766_531192.jpg

この森の中が駅からアンデックス修道院までのハイキングコースになっているらしい。
e0195766_5312029.jpg

私たちは帰りなので下りだったけど、行きだと上り・・・結構大変だな~と思いながら歩いていると、向こう側から上がってくる人が結構いました。ビール瓶片手に。これからビールを飲みに修道院に行くんじゃないのかな?
e0195766_5313521.jpg
e0195766_5315331.jpg
e0195766_532631.jpg


e0195766_5321982.jpg
e0195766_5323287.jpg

のんびりと歩いて来たので1時間以上かかりましたが、17時頃Herrschingの駅に着くとちょうど電車が停車中。それに飛び乗り、18時にはミュンヘン中央駅に到着しました。
半日でしたが満足な小旅行でした。Herrschingの駅にはアマーゼー Ammersee という湖もあるので今度はそこも訪れてみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-24 01:55 | 旅 ドイツ | Comments(4)

Kloster Andechs アンデックスでドイツ料理

先週土曜日の午後は、電車の一日券を購入してSbahnで出掛けて来ました。
この一日券はパートナー券と言って2人で乗っても5人で乗ってもこの値段。これがドイツのスゴイところ!
e0195766_7354994.jpg
e0195766_7362145.jpg
e0195766_736341.jpg

行き先はミュンヘンの南西にある、アンデックス修道院 Kloster Andechs。
昨年の2月、ドイツに来た頃一度行ったのですが、あの時は冬でまだ雪も残っていたし、また様子が違うだろうと思って行ってみたくなりました。
今回は車ではなく、Sバーン(近郊電車)とバスを利用して行って来ました。
行きはマリエンプラッツMarienplatzからS6でシュタルンベルグ ノルドStarnberg Nord へ。そこからBus951番でAndechsまで。1時間10分くらいで到着です。
バスの窓からはのどかな風景が続きました。
e0195766_7364629.jpg
e0195766_73725.jpg
e0195766_737196.jpg

バスに揺られること30分、アンデックス修道院に到着しました。
e0195766_7423718.jpg

電車で来た目的は、これです。これを飲むなら車はダメです~。
e0195766_7374137.jpg

ヨーロッパでは昔、修道院でビールを作ることが多かったということで、アンデックス修道院も1455年からビールの醸造所として続いているところです。
e0195766_738022.jpg
e0195766_7381280.jpg

有名なシュバイネハクセもありました。骨付きで売っていて結構大きいのですが、みんなこれを1個ずつお皿に乗せています。
e0195766_738267.jpg

でも、スライスしたものも買えるので私達はそちらを。付け合わせはもちろん(!)ジャガイモ。とブレーツェル。
e0195766_7385145.jpg

あとは甘いパンに私はコーヒー。ダンナはビール。
e0195766_739473.jpg

とても天気が良い日だったので、外のテラスは満席。中はガラガラだったので、中で食べました。こういうときは外でなくてもいいか・・・と思える人にはゆったり出来て良いですね。
e0195766_7392128.jpg
e0195766_7393282.jpg

初めてシュバイネハクセを食べましたが、そんなに脂っこくなく美味しかったです。
e0195766_741810.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2011-05-23 19:35 | 旅 ドイツ | Comments(0)