人気ブログランキング |

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

パスタを食べてドイツを応援したけど

昨日はEM2012・ドイツイタリア戦でしたが、ドイツ残念でした・・・
私は特にサッカーファンではないのですが、周りがサッカーサッカーという雰囲気なので、やはりここはドイツ戦は見ないと、と思ってTVをつけて、ドイツを応援するのにパスタ(イタリア)を食べながらというのはどうなんだ?と言いながら応援したんだけど、う~ん、残念でした。
イタリアにここ最近勝っていない(?)というドイツなので、ドイツ語の先生もIch hoffe・・・と言っていましたけど。

そういえば、昨日は家の前の道路は路駐している車が昼間からいっぱいでした。
ドイツでは各家のガレージ以外に路駐している車が多いです(これは合法)。我が家の前の道路は普段の昼間は停まっている数が少ないのですが、昨日は空いている所がないくらい停まっていました。
昼の12時くらいです。なんでだろう・・・もしかしてドイツのサッカーの試合があるから仕事を休んだ人とか?と思ったりもしました。まさか・・・偶然ですよね。

でも、きっとカフェとかではかなり盛り上がっていたことでしょう。トラムにのっていたら夕方くらいに応援グッズを身につけて乗ってくる人をたくさん見かけました。
フルートの先生も今日はドイツ対イタリアだからかなり凄いよ、ということを言っていましたし。
ミュンヘンにはイタリア人が多いのだそうで、イタリアンレストランも多いです。先生の家の向かいにもイタリア人の学生さんがいるらしくて、その人は、サッカーの試合になるとバルコニーにテレビを持ち出して、観戦しているのだそうです。
普段は夜10時を過ぎたら静かにしないと怒られそうですが、こういう時はまた別なのでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-29 16:25 | ドイツの日常 | Comments(2)

まよいネコ

実家の母から、家の玄関先に仔猫が来て動かないんだよね~と、メールがきました。
最初は2匹いたらしいのですが、翌日は1匹になっていて、その1匹はずっといるみたい。
かわいいのでちょっと載せてみました~。まだコドモですね、かわいいです。
e0195766_6202860.jpg

それにしてもどうして紛れ込んできたのかな、飼いネコでもなさそうだし、これからどうするのやら、そのうちどこか行っちゃうかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-28 06:31 | 音楽と好きなもの | Comments(2)

UK エディンバラからマンチェスターへ

スコットランド最終日はマンチェスター空港へ戻るだけの日程だったので、朝食後ホテル周辺を散歩。あいにく雨がしとしと降っていましたが057.gif。それにしてもこの旅行中はよく雨が降りました。

宿泊したホテルは Edinburgh Lodge 。このホテルもB&Bで、部屋数は多くはなく、朝食はソーセージなどがのったメインの皿をメニューから選ぶというものでした。ベーコンはかなり塩辛かったけど、トーストも出してくれてお腹いっぱいでした。
e0195766_23282864.jpg
e0195766_23284043.jpg

ホテル周辺では大掛かりな道路工事が行われていて、ナビ通りに行くと通行止め、という事が何回もあり、ホテルにたどり着くのに街をぐるぐる周ってしまいました。どうやら、今エジンバラでは、昔はあったトラムを今また復活させる工事をしているとのことで、本当は2011年7月の予定だったとか。でも今年は2012年・・・開通はまだ先になるようです。
e0195766_2323481.jpg
e0195766_23235857.jpg
e0195766_2324974.jpg
e0195766_23241977.jpg

エジンバラからマンチェスターまでは車で約4時間。余裕を持って10時半にホテルを出発~。
スコットランドとウインダミア地方は、羊がいっぱい。さすがにニュージーランドほどではないのかもしれませんが、羊、ひつじ、ヒツジ・・・。そうそう、今回、顔の黒い羊を初めてみました。あの、『ひつじのショーン』に出てくる顔の黒い羊です。
e0195766_23243563.jpg
e0195766_23244623.jpg

今回はレンタカーでの移動だったので、イギリスの田舎町らしい風景を眺めつつ、ドライブが出来た旅でした。こんな風景の中で暮らしたいな~と思ったり・・・。
e0195766_23245782.jpg

e0195766_232583.jpg

4日間でマンチェスターからエジンバラをレンタカーで往復するという日程は余裕たっぷり、というわけではなかったですが、イギリスで車も運転出来たし、田園風景も楽しめたし、良い旅でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-27 01:01 | 旅 イギリス | Comments(0)

UK エディンバラ城とホリルードハウス宮殿

スコットランドでの朝食はこんな感じでした。ソーセージはドイツの方が美味しいかな。
e0195766_449335.jpg

朝食後向かったのは、エディンバラ城 Edinburgh Castle。
エディンバラの街を見下ろすように丘の上に大きなお城が建っています。
e0195766_4522134.jpg

スコットランドと言えば、やはりタータンとバッグパイプ。e0195766_4523677.jpg
e0195766_453319.jpg

城壁の中には、礼拝堂や牢獄、王宮など幾つかの建物があり全てを見学するには結構時間がかかりました
e0195766_4531537.jpg

エディンバラ城から見た街。エディンバラはスコットランドの首都と言うだけあって近代的な建物も多いようです。エディンバラ城で一番古い建物は12世紀のもので礼拝堂だということでした。
e0195766_4533974.jpg
e0195766_4535153.jpg

お城を見学した後、街まで降りてきて、昼食。
イギリスで初めて入ったパブ。いかにも外国の居酒屋という感じで良い雰囲気でした~。
コーヒーありますか?と聞いたら、ないと言われました。やっぱりパブにコーヒーはないようです・・・なのでオレンジジュースにしました。
e0195766_4542564.jpg
e0195766_4554259.jpg
e0195766_4555661.jpg

聖ジャイルズ大聖堂 St.Glles' Chathedral。
e0195766_4561665.jpg

この教会の近くで、バッグパイプを吹くお姉さん。スコットランドの民族衣装はかわいいですね。e0195766_4582475.jpg
e0195766_4584037.jpg
e0195766_459140.jpg

右は、ピープルズ・ストーリーというエディンバラの一般の人々の生活を紹介する16世紀の建物を利用した博物館。
e0195766_4591410.jpg
e0195766_4592827.jpg
e0195766_505126.jpg
e0195766_51656.jpg

この日の夕方、ようやく雨がやんで晴れてきた頃、エディンバラ城とは反対側に建つホリルードハウス宮殿 The Palace of Holyroodhouse へやって来ました。
ここは現在も、実際にイギリスの王室として使われているそうです。
日本語のオーディオガイドがあったので、各部屋の説明を聞きながら回りました。メアリー女王の話などなかなか面白く興味深かったです。
e0195766_511952.jpg

e0195766_514047.jpg

夕方だったからか空いていたのでゆっくり見る事が出来ました。その反対にエデインバラ城は入場券を買うのにまず20分~30分くらい並んで、その後もかなりの混雑でちょっと疲れました。
エディンバラ城には昔一度来た事があるはずなのですが、こんなに混んでいた記憶もなく、私の中の記憶と全然違っていました。もしかして以前に訪れたのはここではなかったかも?と思うくらい・・・。
e0195766_52136.jpg
e0195766_521944.jpg
e0195766_523896.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-26 05:50 | 旅 イギリス | Comments(0)

簡単イチゴタルト

昨日はEURO2012のドイツ‐ギリシャ戦でした。準々決勝でしたが、大変な盛り上がりようで、20時前になるとカフェには続々と人が集まり、TVが設置され、わいわいがやがや。カフェのテーブルには予約の紙も。
昨日はタンデムさんといつものカフェで会っていたのですが、19時半頃になると騒がしくなって落ち着かず、もう勉強する雰囲気ではなくなってしまったので、いつもより早い時間にさよならして来ました。
サッカーのある日にカフェでタンデムは難しいですね・・・。

今日、土曜日は先週と同じイチゴ畑に行って来ました。
今日の収穫はこちら、かご一杯で3€でした。先週よりも大きな粒のイチゴが少なくなっていたので、もう来週は難しいのかな?
e0195766_5313695.jpg

さて、実は先週、イチゴのタルトを作ろうと思って、タルトの土台と生クリームを買ってきていたのですが、生クリームが上手く泡立たず、失敗・・・。結局イチゴはそのまま全部食べてしまいました。
そこで再チャレンジ。違う種類の生クリームを買って来ました。
これはボールにうつして泡立てるだけ・・・のはずなのですが、先週は全然固まらず。ドイツの生クリームは脂肪分が少ないということから固まりにくいとの話なので、クリームを固める粉末も買ってきて混ぜたのですが。
私は、何か間違ったものを買ってしまったのではないかと思って、今週は緑のカップに入ったものを買ってきたのですが、良く考えると、先週は混ぜ方が全然足りなかったのかも?今日混ぜていたら、先週はこんなに混ぜなかったな~と思いました。
e0195766_5315789.jpg
e0195766_5321592.jpg

今日は、無事成功。ちゃんと泡立ってクリームになりました。
見た目はともかく、摘みたてイチゴで作ったイチゴタルト。美味しかったです。
e0195766_5323058.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-24 05:54 | | Comments(2)

UK ダ・ヴィンチ・コードの世界 ロスリン礼拝堂

イギリスの旅2日目。
e0195766_5344967.jpg
e0195766_535710.jpg

ウィンダミアのGlenville House ホテルで朝食です。
イギリスの朝食は量が多いことで有名だと思うのですが、ここのホテルは量は多すぎることはなかったかも。
ヨーグルトやパン、ジュースはセルフサービスですが、ホットミールは席まで運んできてくれました。しかもここは、一人一人にいくつかあるメニューから選ばせてもらえて、ちょっとびっくり。朝から一人一人に合わせて準備するなんて大変なのでは・・・と思いつつ、私はアメリカンホットケーキ。ふわふわでした。e0195766_5352167.jpg
e0195766_5354071.jpg

朝食後チェックアウトをして、ブラックウェル館へ。
ここは、マンチェスターの大富豪の別荘として、ボウネスに1900年に建てられたものだそうで、外見は地味でしたが、中は、こんなところでアフタヌーンティが出来たらいいな~と思う家でした。
撮影禁止だったので残念ながら写真はありませんが、イギリスの優雅な暮らしを想像させるような部屋を楽しむことが出来ました。
e0195766_5393439.jpg

館の先には羊が見えました。e0195766_5362531.jpg
e0195766_5363844.jpg

そしてその後向かったのは、ケズィックにある、鉛筆博物館。
ここは150年以上続くダーウェント・ペンシル社の博物館で、鉛筆の製造過程を見たり、珍しい鉛筆が見られるかもということで、面白そうなので行ってみたのですが、期待したほどでもなく・・・。
小さな博物館なのでちょっと混んでいるともうゆっくり見られる状態ではなく、この日特に何かのイベントがあったのかどうかはわかりませんが、人が多く、そして床に座り込んで書き物をしていたりしていたためじっくり見る事も出来ず、さらっと見て出てきました。入場料を払って入ることもないな・・・と思ったところでした。ゆっくり見る事が出来たら感想は違っていたかもしれませんが。
e0195766_536558.jpg

そして、エジンバラ方面へ向かって車を走らせました。途中サービスエリアのCOSTAで休憩。
e0195766_5401811.jpg

そして、ロスリン Roslin の町に到着です。

ロスリンはスコットランドのエジンバラから車で約40分の小さな町。
そこに、ロスリン礼拝堂 Rosslyn Chapel があります。
ロスリン礼拝堂とは、あの『ダ・ヴィンチコード』で有名になった礼拝堂です。(ということを、旅行に行く直前に知りました)
映画の最後の場面が、この礼拝堂で撮影されたそうです。

礼拝堂の入口。
e0195766_5413833.jpg
e0195766_542148.jpg

この礼拝堂の中には、様々なレリーフがありそれが謎めいていると言われているとのこと。確かに一つ一つのレリーフを見てみると、どういう意味があるのかと考えてしまうようなものばかり。写真がないのが残念ですが・・・。なかなか興味深い礼拝堂でした。e0195766_5421734.jpg
e0195766_5423033.jpg

1446年に建てられたものということで修繕作業がずっと続いている様です。
e0195766_5425062.jpg

礼拝堂の受付エントランスは妙に近代的でした。ここは最近作ったのでしょうか。
それにしても写真が撮れなかったのは残念・・・。以前は撮影出来たようですね、ネットで検索するとアップされている写真がありました。有名になりすぎてカメラは禁止ということになってしまったのかな。

e0195766_543560.jpg

この日の夕飯。イギリスならやっぱり、フィッシュ&チップス。
e0195766_5431897.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-23 07:18 | 旅 イギリス | Comments(0)

サッカー柄ヌテラ

最近のミュンヘンは快晴続きですが、暑いです。そして夕方になると雷雨057.gif
気温は30℃まであがる日もありますが、今日は25、26℃くらいだったと思います。でも、やたらと蒸し暑く感じて、体がダルイ・・・。
日本に比べたら湿度も低いはずなのに、なぜでしょうね。こんな状態で日本の夏に今後耐えられるのかしら・・・と心配です。

さて、サッカー中継が毎晩のように放送されているドイツですが、今日、ドイツ語の先生が、試合が多すぎて他の事が出来ない!と悲鳴を上げていました。つまり全試合TVを見ているってことかな?試合をやっている以上は見ないと気が済まないということなのかしら~。

ダンナはスーパーでこんなものを買って来ました。
ヌテラの特別版?サッカーの絵がついたグラスで、中身がなくなったらグラスとして使えるみたいです。絵はなかなかかわいいので中身がなくなっったら私が貰おうと思っているのですが、
e0195766_4542242.jpg
e0195766_4543649.jpg

それにしてもこのヌテラはいつ無くなるのかな。ダンナは普段パンを食べないのに、いつヌテラを使うつもり・・・?クレープでも作るしかないかもしれません。
そういえば、ヌテラはイタリアのものと言う事を今更知りました。どこに行っても見かけるのでドイツのものだと思っていました。005.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-22 06:09 | ドイツの日常 | Comments(4)

UK ピーターのふるさとウィンダミア

6月の Fronleichnam(聖体の祝日)を利用して、4日間イギリスへ行って来ました。
マンチェスター空港でレンタカーを借りて、イングランドのウィンダミアとスコットランドのエジンバラ周遊の旅。

ミュンヘンを出発した時はとても良い天気だったのですが、到着したら雨057.gifでした。天気予報通り・・・ちょっとがっかり。空港でレンタカーを借りたのですが、受付と車が準備されるまでに約1時間かかり、予定より遅い出発となりました。予約は入れてあったのですが、意外と待つものなんですね~。

マンチェスターから車で2時間くらいでウインダミア Windermere に到着しました。
e0195766_1751725.jpg

宿泊したホテルは、Glenville House。この建物はレイクランドの石を使って1888年に建てられたのだそうです。
翌日宿泊したエジンバラもそうですが、この地方はB&Bと言われる、10室くらいの部屋数の少ないホテルが多いみたい。宿泊している人は二人連れがほとんどでした。e0195766_1702854.jpg
e0195766_1705164.jpg

ホテルの周囲にはさっそく湖水地方らしい雰囲気が。
ウィンダミア地方の特徴といえば、黒っぽい石で出来た家。スレートと言われる薄い石で造られているんだとか。塀もスレート石で出来ていることもあり、町全体が灰色っぽい、でもそれがイギリスの田園風景らしい感じ。だから雨もしっとりとして似合う町のような気がします。
e0195766_171135.jpg
e0195766_1713385.jpg
e0195766_1715053.jpg
e0195766_172722.jpg

とりあえずお昼ご飯。ウィンダミアの繁華街?で適当に入ったカフェですが、雰囲気の良いところでした。e0195766_1723625.jpg
e0195766_1725050.jpg

空港からここに来るまでに牛をたくさん見たら牛乳が飲みたくなって、アイスミルク。
e0195766_1731436.jpg

私はトーストサンド、ダンナが頼んだのはツナのせジャガイモ。ホクホクでした。e0195766_1732819.jpg
e0195766_1735052.jpg

そして、博物館へ。ビアトリクス・ポターの世界 The World of Beatrix Potter Attraction。
e0195766_174787.jpg

ウインダミアはピーターラビットのふるさと。かわいいうさぎやその他物語に出てくる動物がたくさんいました。
e0195766_1742566.jpg

小さな博物館ですが、カフェもあるのでそこでゆっくり、というのもいいですね。e0195766_1743747.jpg
e0195766_1745953.jpg

遅い時間にお昼ご飯を食べたので、夜はホテルでスコーンとリンゴ。スコーンにはジャムとバター付き。やっぱりイギリスに来たらスコーンを食べなくちゃ045.gif
e0195766_1753131.jpg

ウィンダミアに到着したのが14時半頃だったので、ホテルにチェックインしたり、お昼ご飯を食べていたら、この日は結局ピーターラビットの博物館を見学し、あとは町を少し散策しただけになりました。
晴れていたら少し遅い時間でも散策が出来そうでしたが、雨だったので早目にホテルへ戻りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-20 06:20 | 旅 イギリス | Comments(2)

サッカーの国ドイツ

今、ヨーロッパでは UEFA Euro 2012 (欧州選手権というらしい) が開催されて、ドイツの試合がある日には応援する人達でカフェは混んでいても、通りは静かなような気がします・・・昨日の日曜日はドイツ対デンマーク戦でドイツが勝ちましたね。

こういう時、ドイツはやっぱりサッカーの国だ、とひしひしと感じます。ここ最近車にドイツの旗をつけて走っている人をよく見かけるし、サイドミラーにもドイツカラーのカバーをつけている人もいるし、この前はスーパーでサッカーの絵のついた特別パッケージのヌテラ(チョコクリーム)を見かけたし。
今は日本でもサッカーファンは結構多いと思うのですが、それでも野球ファンもそこそこ多いと思うのです。
でも、ドイツには野球ファンというのはいない(と思う)くらいサッカー王国のような気がします。

先週土曜日、イチゴ狩りの帰りに畑近くのスーパーで買い物をしてレジでお金を払っていたら、横にドイツ人(だと思う)の男性が立っていました。
私はてっきり、レジの人に何か用事があるのかと思っていたのですが、その男性、私に話しかけてきて、『子供がサッカーのカードを集めているのでくれないか』、って。
そうか、またREWEではカード(サッカー選手のカード)を配っているのか~。私は別に集めていないので、レジでもらったカード5枚くらいを、どうぞ、とその男性にあげました。
そんなに欲しいものなんだね~、さすがサッカーの国だ、と帰りの車の中でダンナと話していました。
それにしても外国人で子供連れではない私に話しかけるとはさすがだ(偶然かもしれないけど)。ドイツ人の子連れに、『カードをゆずって』、と言ってももらえる確率は低いから、明らかに外国人とわかって子連れではない私に言ったのかな?

そんなこともあるので、私のタンデムさんに、サッカー好き?と聞いてみたら、別に好きではない、と言われました。
ドイツ人はみんなサッカーと自転車が好きかと思った、と言ったら、笑われましたけど・・・それはそうですよね~、寿司が好きではない日本人もいるんだから(私)。026.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-18 21:37 | ドイツの日常 | Comments(0)

青空の下でイチゴ狩り

土曜日の朝、ドイツに来て初のイチゴ狩りに行って来ました。
ミュンヘンの中心からちょっと郊外に行くとイチゴ畑がたくさんあります。私が住んでいるところからも、車で10分くらい走ればイチゴ狩りが出来ると聞きます。

今日行ったところは、ミュンヘンの郊外、空港から10分くらいの所にあるSバーンの駅の横にある畑。
家から車で30分くらいの所です。何もそんな所まで行かなくてもという感じですが、この前たまたま通りかかったら見つけたので行ってみました。
e0195766_204665.jpg

9時半くらいに行ったのですが、広い畑に人がぽつぽつ。
広~い。005.gif
この日は天気も良くて朝から気温がぐんぐんあがり暑いくらいでした。
家から籠を持参して、それを小屋(受付)にいる係の人に重さを測ってもらい、重さを印刷された紙をもらってから畑へgo~。
e0195766_2041824.jpg

日本でイチゴ狩りをしたことは多分2回くらいしかないのですが、ハウスの中だったような・・・?もう随分前なので記憶が曖昧ですが。
ドイツのイチゴ狩りは広~い畑で。入場料はなく、籠に摘んだ分だけグラムで買うというシステムです。
家でジャム作りをする人は籠一杯、バケツ一杯に摘んでいくみたい。私はそのまま食べるだけなので籠一つ分にしました。
e0195766_2042864.jpg

30分くらい摘んで、また小屋で重さを量ってもらい会計をしました。1.3Kgくらい、4€でした。スーパーで買うと500gで今は2.5~3€くらいすると思うので、安いですよね、摘みたてだし。
摘みながらつまんでもいいみたいですが、今日は摘んだだけ。
夕飯のデザートに食べたら、甘くて美味。今年もう一回くらい行きたいな~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-06-17 20:41 | ドイツの日常 | Comments(2)