ブログトップ

Think every day.

テントウムシのチョコ

最近、平日はなんだかんだと毎日どこかへ出かけているのですが、今日は珍しく何も予定のない日でした。とても良い天気で外出日和でしたが・・・。
というのもタンデムさんが今週は休暇を取ってマヨルカ島に行っているのでタンデムはお休み。

この前ベルギーのディナンで買ってきた、クック・ド・ディナンというクッキー、やはりかなり堅くて一筋縄ではいかない(?)。でも味は結構いける。
e0195766_5344949.jpg
e0195766_535280.jpg

この前誕生日の時に、タンデムさんが小さなプレゼントです、と言ってチョコをくれました。
テントウムシ。かわいいですね~。もう食べちゃいました。
e0195766_535128.jpg

ドイツでは、誕生日の当日より前に、おめでとうと言ってはいけないらしく、タンデムさんは当日にメールをくれました。私の誕生日とタンデムさんの誕生日はちょうど一週間違いだったので今年は同じ日曜日。私もドイツの習慣に習って当日にメールでお祝いを。
日本でだったら誕生日の2日くらい前だったら、先におめでとうと言ってしまいますが、国が違えばそういうことも違うのですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-29 05:54 | ドイツの日常 | Comments(2)

久々のフルートレッスン

久々にフルートレッスンに行ってきました。
8月は先生が夏休みをとって南フランスに行っていたので、9月の1週か2週目からまたレッスンを始める予定でしたが、9月の末になってしまったのでほぼ2カ月ぶりでした。

ちゃんと吹けるかな~という心配より、ちゃんと会話出来るかしら~の方が心配でした042.gif
吹く方は家で練習をしていたので、音が出てない!と言われることはないと思ってましたが、会話は・・・。

休み明け最初のレッスンは、オペラ・ドンジョバンニから『お手をどうぞ』のフルート2重奏を。
この曲は有名ですが、フルートで吹いたのは初めて。ゆったりした感じが好きです。

先生に休暇はどうでしたか?と聞いたら、暑かったそうです。40℃くらいあった日もあったとか?
でもとても良かったとのこと。先生、結構日焼けしていたような。
この日はちょっと頑張ってドイツ語で話をしました。といっても休暇はどうだったか、とか、私の旅行の話とか、ドンジョバンニのオペラを見たことがあるかとか、そんなことくらいですが。でも先生がドイツ語をほめてくれて嬉しかったです。私のドイツ語の進歩は他の人に比べたらかなり遅いし、前に冷蔵庫の修理の人にはもっと熱心にドイツ語を勉強しろ、と言われたくらいですが、それでも最初にフルートの先生に会った時にはドイツ語0だったし、英語も全然わからなかったので、ほぼ固まってましたから(初めてのレッスンは土曜日にしてもらってダンナが付き添いできたくらいです)、それに比べたらマシになったということなのでしょう。

フルートも趣味でやっているだけですが、日本で習っていた時より色々な曲を演奏出来るので楽しんでやっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-28 05:56 | 音楽と好きなもの | Comments(0)

昨日の日曜日、オクトーバーフェストに行ってきました。
初日の土曜日はあいにくの雨模様で肌寒かったかと思いますが、昨日は晴天。
11時からの予約だったので、15分くらい前に到着したのですが、すでに結構な人出でした。
e0195766_1750581.jpg

毎年ダンナの会社ではテントに席をまとめて予約をして、行きたい人は参加という形になっていてダンナは赴任して4回目の9月を迎えましたが、私は今回が初めて。
世界最大のビール祭り、どんな感じでしょうね・・・。
いやいや、凄い人でした。
大きい声で話さないと向かいの人に聞こえないという状態。私達の席はバンドから離れた位置だったのでまだましなほうだったのかもしれませんが、それでも聞こえません。
e0195766_1751102.jpg

席を予約する時にチケットも一緒に予約をしないといけないらしく、1リッターのマスが2杯とハーフチキン付き。一人約30€。
アルコールが得意ではない私はジュースを頼むつもりだったのですが、ない!と言われました。
えっ!ないのか~。仕方がないのでラドラーを。でもやっぱり殆ど飲めず。オクトーバーフェストのビールは普段のビールよりアルコール度が高いそうなので、ラドラーも濃いのかもしれませんね。水にしておけば良かったかな。
e0195766_1751212.jpg

2時間ほどしたら暑くなってきたので、ちょっと外に出て散歩。
ちょうどパレードの時間だったらしく、人ヒトひと。すっごい人~!。
馬に引かれたビール樽。
e0195766_17513240.jpg
e0195766_17514467.jpg
e0195766_17515459.jpg
e0195766_1752529.jpg
e0195766_17521642.jpg
e0195766_17522742.jpg
e0195766_1835911.jpg
e0195766_17525682.jpg

散歩の後、テントに一度戻りましたが、座っていた席がなくなっていたので、もう帰ることにしました。
元々50人くらいの予約なのにどう考えても40人くらいしか座れないのでは?という場所しか確保されていなかったので、一旦席を立ったらもう他の人で埋まってしまう感じなのでした。
ビールが飲めない私には期間中一回行けば十分かな~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-24 18:36 | ドイツの日常 | Comments(8)

Austria モントゼー

先週末オーストリア・ザルツカンマーグート Salzkammergut に行って来ました。

最初はザルツブルクへ行こうと思ったのですが、ザルツブルクには行ったことがあるのでどうせなら映画 Sound of Music の他の舞台を見てみたいと思い、ザルツカンマーグーにしました。

まずは、モントゼー Mondsee へ。
映画 Sound of Music でマリアとトラップ大佐の結婚式のシーンを撮影したモントゼー教会。
e0195766_4425394.jpg

内部も見学出来ると思っていたのですが、ちょうど結婚式が行われる日だったらしく残念ながら外観だけ。
小さな音楽隊も。みんな民族衣装を着て教会の中へ行進して行きました。
e0195766_443726.jpg
e0195766_4432167.jpg

花嫁さんが登場です。
結婚式にディアンドルとレダーホーゼで出席するなんて、なんだかほのぼのしていいですね~。これは南ドイツ・オーストリア・チロル地方の民族衣装ということなのですが、ドイツの他の地方ではこれは着ないのでしょうか?
ミュンヘンやオーストリアでは良く見るのですが、どうなのでしょう。
e0195766_443406.jpg

教会の中には入れなかったので、町をぶらぶらして、e0195766_4435234.jpg
e0195766_444363.jpg
e0195766_4441465.jpg
e0195766_4442749.jpg

ちょっと小高い丘の上にある教会を見て、e0195766_4444265.jpg
e0195766_4445497.jpg

最後にモントゼーへ。
雨が降ったり止んだりの天気だったので湖もかすんでいました。モントゼーはその名の通りモント Mond
(ドイツ語で月)の形をしている湖。
e0195766_445847.jpg

もうすっかり秋の気配でした。
e0195766_4452158.jpg

次は、ヴォルフガングゼーへ。
e0195766_4453784.jpg

[PR]
by withflute | 2012-09-23 05:18 | 旅 オーストリア | Comments(0)

タンデムとペンパル

先週久しぶりに英語のレッスンに行ってきました。
先生がロシアに帰っていたので約1か月半ぶりくらい。
ロシアのお菓子をもらいました。包みの絵がなんだかレトロです。
e0195766_3451373.jpg

再開したレッスンの途中で先生が一言、『8月に英語を話す機会があった?今日は言葉が出てくるね』と。
先生は昨年の9月の事を想定していたらしく、『またきっと元に戻ってるだろうな、あ~あ』と思っていたとのことでした。
別に上達したわけではないのですヨ。相変わらず語彙は乏しいし、書く時はちゃんと助動詞を使えても話そうとすると出てこなかったり。しどろもどろだし。本当に自分で嫌になるくらい。
でも昨年の8月はダンナ以外と話をすることがなく、日本語すらあまり話していないという状態だったので、もう舌がまわらなくなっていたような?そして昨年は先生に、『下手になったね』、と一言。
それに比べたら今年はずいぶんましな夏を過ごしたというだけで・・・。

やはり何語であっても話さないと舌がまわらなくなるのでしょうかね~。
そして今年はタンデムさんとドイツ語ですが話をしていたのでそれが大きかったのかもしれません。
2月に知り合って7ヶ月が過ぎました。変わらず続けていられることに本当に感謝です。ドイツ語の先生にも、本当に運が良かったねと言われています。

タンデム探しは難しいですね。運というかタイミングというか。
6月頃からペンパル探しをしていたのですが、なかなか続く人を見つけられませんでした。
続く人というより、ではペンパルになりましょう、というところまで到達しないという感じでした。
メッセージをくれた人にこちらからメッセージを返してメールアドレスを書いても返信がなかったり、近くに住んでいて日本語を勉強しているから会いましょう、と書いてあったので、では何日などはどうですか?と書いてメールをしたきり返信がなかったり。返信しても返事がないからきっともう返事はこないと思っていたら1か月してから来たり。
ペンパルをしましょうと決めるまでの最初のやり取りが1ヶ月も間が空いてしまうと、その後はきっと続かない気がします。
何度かやりとりして思ったのですが、ペンパルというのは自分が相手の国や言葉に興味があるか、逆に相手が日本や日本語に興味があるかでないと、私の場合は無理かもしれないと感じました。たとえ相手が英語が母国語であって(英語が母国語でもいろんな国の人がいますよね)私が英語を勉強したいからという理由だけでは難しいです。

6、7月頃にそんなことを繰り返して、ペンパルになれそう、と思った人が2人いましたが、結局どちらも1、2度自己紹介的なメールをやり取りしてもう2月くらい過ぎたので、多分終わりました・・・。

8月が終わって、また探してみようかなと思ってメッセージを載せたところ(今回は日本に興味があるか、日本語を勉強している人という条件付きで042.gif)、3人からメッセージがきました。その時に重なって、私から6月にメッセージをした人から返信が来ました。パソコンが壊れていたと書いてありましたが・・・。
これで4人ですが、1人は私がペンパルになりましょうと返信してからまだ返事がありません。後の3人は今のところやり取りが出来そうな感じです。1人は英語、2人はドイツ人なのでドイツ語&英語です。

いつまで続くかわかりませんが、とりあえず相手をしてくれるうちは頑張って書いてみたいです。どの人も日本に興味はあるけれど、日本語を勉強しているわけではないので、こちらは気兼ねなく(?)英語かドイツ語で書けます。
そして9月に英語のタンデムさんとも知り合いました。スカイプでもいいかなと思ってネットで探していたのですが、ミュンヘンに住んでいる人がいたのでメッセージをしたらOkをもらいました。先日2回目のタンデムをしてきました。彼女は日本に留学していたので結構上手に日本語を話します。こちらも続くといいな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-21 17:58 | 勉強 | Comments(0)

ドイツベルギー旅行5日目、最終日。
快晴だったのでライン川下りをすることにしました。
ザンクト・ゴアール St.Goar のライン川のほとりに行くと船乗り場がいくつかあったので、3時間くらいで戻って来られる船を選んでKDライン観光船で。e0195766_5412745.jpg
e0195766_5415151.jpg

まずネコ城 Burg Katz が見えてきます。ここは現在日本人が城主だとWikiに書いてあったのですが005.gif知らなかったです。でも一般公開はされていないので眺めるだけ。
e0195766_542433.jpg

ゆったり流れるライン川。
e0195766_5425564.jpg

でもだんだんと幅が狭くなって流れも少し速くなってきたような・・・。
e0195766_543910.jpg
e0195766_5433361.jpg

そしてローレライ。美しい少女に船が呼び寄せられてしまい、川に飲み込まれてしまうという伝説。
e0195766_5434570.jpg
e0195766_544463.jpg
e0195766_5442882.jpg

川の中州にお城が見えてきました。e0195766_5444446.jpg
e0195766_545160.jpg

プファルツ城です。このお城は中州に建っているので川の水量が増せば当然お城は川の中・・・。でもそういったときにも対応出来る建築になっているのだそうです。
こちら側から見るとお城が船の形に見えます。
e0195766_5451548.jpg
e0195766_545278.jpg

さて、バッハラッハ Bacharach に到着しました。
ここで一旦船を下りて約1時間町の中を散策。
e0195766_5454733.jpg

カラフルな木組みの家がかわいい町です。e0195766_546099.jpg
e0195766_5461259.jpg
 e0195766_5462455.jpg
e0195766_5463899.jpg

1時間後、また船に乗り、ザンクト・ゴアールに戻りました。さすがに行きよりかなり短い時間でライン川を走ります。
e0195766_5465523.jpg

いたいた、ローレライの少女。行きは気がつかなかった・・・。
e0195766_547936.jpg

最後にまたネコ城を眺めて、ライン川クルーズはおしまい。
e0195766_5472645.jpg

ベルギードイツ5日間の旅が終わりました。今回は半日だけ雨が降りましたが、あとは快晴!暑くもなく寒くもなく天気は最高でした。
何か名物を食べたかと言われるとムール貝とワッフルだけですが、特に問題も発生せず、ヨーロッパらしい風景とお城と教会をたくさん見ることが出来た旅でした。
e0195766_5473920.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-20 16:38 | 旅 ドイツ | Comments(4)

ST. Goar ラインフェルス城

ベルギーでヴェーヴ城を見た後、フランス語圏とお別れしてドイツへ。
ベルギードイツ旅行の最後はライン川沿いの町ザンクト‐ゴアール Sankt Goar で。
1245年に建てれたラインフェルス城 Burg Rheinfels を訪れました。
このお城は壊れてしまっていて外観だけが残っている状態ですが、一部分を改造してホテルになっています。
e0195766_1635350.jpg
e0195766_1635229.jpg
e0195766_1635475.jpg

一つ一つの部屋に名前がついていました。
e0195766_16361198.jpg

ステキなお城ホテルでした~。お城は山の上に建っていて、部屋からはライン川が望めます。e0195766_16363039.jpg
e0195766_16364115.jpg
e0195766_16365229.jpg
e0195766_1637336.jpg

ラインフェルス城。結構広いので見るのに1時間はかかりました。お城に泊まってもここの入場料は別です・・・。
e0195766_16372641.jpg
e0195766_16375867.jpg
e0195766_1639454.jpg

翌朝、ライン川の朝焼け。
e0195766_16391993.jpg

お城ホテルで朝ご飯を食べて、ライン川下りへ出発です。e0195766_16393138.jpg
e0195766_16394236.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-19 17:25 | 旅 ドイツ | Comments(4)

またひとつ

今日またひとつ歳を重ねました。
今年は何も予定がなかったこと(昨年は日本からちょうど友人が来ていた)と日曜日が重なったので、誕生日小旅行と称して隣の国オーストリアに一泊で出掛けてきました。

今日のオーストリアは快晴でした。
e0195766_4471440.jpg

e0195766_4472818.jpg

また記事をアップしたいと思います。(まだ前回の分が終わっていませんが・・・)
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-17 05:05 | ドイツの日常 | Comments(4)

Belgium ヴェーヴ城

ベルギー・ディナンを出発して、そこから南東へ6kmくらいの所にあるヴェーヴ城 Chateau de Veves に立ち寄りました。
この城の起源は7世紀頃だそうでとても古いのですが、その後、破壊されたり改築されたりを繰り返し、現在の姿は18世紀に改築されたものだそうです。
走っているとこんな風景になってきて、森(というのか?)の中にはいってしまい、本当にここにあるのかと心配になったのですが、
e0195766_1642322.jpg

ありました。森を抜けたらいきなりお城が見えました。
e0195766_16424414.jpg

丸い円筒を持つお城。
e0195766_1642559.jpg

受付でチケットを買ったら、日本語のガイド冊子を貸してくれました。日本語があるなんて驚き。でも、ここには1989年に皇太子さまも訪問されたとのことで、日本とも交流があるのでした。部屋に当時の写真が飾ってありました。
e0195766_16431162.jpg
e0195766_16432328.jpg



e0195766_16433389.jpg

窓からは向かいに建つ別のお城も見えました。
e0195766_16434326.jpg

お城に中にも小さなチャペル。e0195766_16435363.jpg
e0195766_1644591.jpg

前日に訪れたラヴォー・サン・タンヌ城より小さなお城でしたが、草原の中にドンと建っている姿がいかにもお城らしかったです。
e0195766_16441547.jpg

この旅行で何度か目にしたこの看板。何のことか始めはわからなかったのですが、ガイドを忘れないで、チップをよろしく、ということなのでしょうね。ディナンの要塞ではガイドさんと一緒に見たので最後にチップを渡したのですが、その時もこの表示がありました。
e0195766_16442877.jpg
e0195766_16443915.jpg

これで、ベルギーともフランス語圏ともお別れ。最後にまたワッフルを買って食べました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by withflute | 2012-09-15 00:14 | 旅 ベルギー | Comments(2)

今日はガスタイクにミュンヘンフィルのゲネプロを聴きに行ってきました。
ゲネプロは13時半からでしたが、チケットはその1時間前から売り出されるとのことなので、今回は2時間前に行きました。
というのも前回7月に1時間前に行ったら、後20人くらいというところで売り切れてしまったので、今回こそ!と思って2時間前に。
ガスタイクに着いてみたらもう列が・・・200人くらい?まだ建物の中には入れなかったのですがみんな並んでいたので私も。
今回は余裕で買えました~。
このゲネプロの事はドイツ語の先生に聞いたのですが、先生も来ると言っていたので並んでいる時に見ていたら先生を見つけたのでチケットを一緒に買いました。チケットは一人2枚まで、席はもちろん選べないので先着順に良い席からということなのでしょう。早く並んだおかげで結構良い席でした。

チケットを買ってから始まるまで1時間くらいあったので、ちょっとカフェでコーヒーでも・・・と先生と一緒に話をしながらカフェタイム。
コンサートを聴くついでにドイツ語の練習も出来ました。ラッキ~。

曲目は
Johann Sebastian Bach ブランデンブルグ協奏曲第5番ニ長調
Franz Schubert 交響曲第4番 ハ短調 『悲劇的』
Richard Strauss ツァラトゥストラはかく語りき

ブランデンブルグ協奏曲は、チェンバロとフルートとバイオリンのソロがあって、とても良かったです。
チェンバロの音はピアノとはまた違う響きで、あの優しい音がステキですね。
最初の2曲は小編成だったのですが、ツァラトゥストラはかく語りき、ではフルオーケストラでまた迫力があって良かったです。今日は3曲とも聴いたことのある曲だったのでとても楽しめました。
またゲネプロを聴くチャンスがあるといいな~。
[PR]
by withflute | 2012-09-14 03:10 | 音楽と好きなもの | Comments(2)