人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

さよなら ミュンヘン またいつの日か 

1月最後の土曜日にドイツを発ち日本へ帰国してもうすぐ1週間が経ちます。
本当は帰国の前日に書きたいと思っていたのですが、ばたばたして落ちついて書くことが出来ず、今となってしまいました。
でも区切りということで記しておきたいと思います。

とうとう4年半(私は3年半)住んだ部屋を去る時が来ました。
引越し当日は9時過ぎに引越業者の方が来て作業開始。最初は3人くらいだったスタッフが後から増えて最後は5,6人になっていました。
海外引越の場合基本的に梱包は全て業者さんまかせ。何故かというと自分で梱包したものが壊れた場合保険が効かないそうなのです。とはいえ、本当に全てをやってもらうわけにもいかないので、事前に衣料品や書籍、細かい雑貨は自分達で梱包して、ふとんやベット、テーブルなど大きなもの、割れ物の食器はお任せしました。
人数も多かったので3時間くらいで終わるかなと思ってたら4時間くらいかかりました。
引越作業中はドアも開け放しなので寒いし、朝もあまり食べていなかったのでお腹は空くしで自分たちが作業するわけではありませんでしたがやはり疲れました。
荷物が出た後は、一通り掃除機をかけて、最後のゴミを処分して、忘れ物がないかチェックして、スーツケースを車に積んでホテルへ移動。
数年住んだ家を離れるのは寂しいものがありますが、引越し作業をしているとバタバタするし疲れるしであまり感慨にふけるという時間はありませんでした。
12月初めに引越しの見積もりをしてもらい、それからちょこちょこと荷物の整理をして不要なものを処分し、1月1日の夜からパッキングを初めて、天気の良い日に窓やバルコニーを掃除したり、2ヶ月間少しずつ作業してきましたが、やはり最後はばたばた。
でもとりあえず引越しは無事終了してホッ。
ホテルにはその晩から3泊して、金曜日は日本領事館へ行って帰国届を出し、土曜日の夜、日本へ出発しました。

ミュンヘンを離れてからまだ1週間経っていないのに、自分がミュンヘンで暮らしていたことがとても昔のことのような気がします。
すぐ日本での生活になじんだということかな?元々の場所に帰って来たのでそれ程違った感じはしないからかもしれません。
でも、約2年ぶりの日本、ところどころ、ああ、日本はこうだったんだな~と思うところもあります。

ダンナがドイツへの転勤が決まった時、私も仕事をしていて、そして資格試験を受けようと勉強中だったので、ドイツへ行くか日本に残るか迷いましたが、行って本当に良かったと思っています。
ヨーロッパの中を旅行出来たこと、ヨーロッパでスキーが出来たこと、コンサートにたくさん行けたこと、語学の勉強が出来たこと、フルートを習えたこと、それを通して知り合いが出来たこと、など貴重な経験をすることが出来ました。

3年半のドイツ生活はもちろん色々イヤなこともありましたが、今はもっとドイツに居たかった、という気持ちでいっぱいです。

ドイツ生活は終わりましたが、まだ書いていない旅行の話もあるので、自分の記録のためにもしばらくはそれを続けて書いていこうと思っています。
もし良かったら覗きに来てください。今までドイツ生活を読んで下さった皆様ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-31 02:01 | ドイツの日常 | Comments(8)

Nrünberg お城ホテル Schloss Eggersberg

ニュルンベルクから100kmほど離れた Riedenburg というところにある 古城ホテル Schloss Eggersberg に泊まりました。
ドイツには昔のお城を改装してホテルとして使っている古城ホテルが結構たくさんあります。
ここ一年くらいの間にこういうホテルに泊まってみることも覚えました。もっと早く気付けば良かった(笑)
外見は古いお城で、内側も中世の世界へ来たのか、というくらいロマンティックです。
この日泊まった部屋はこんな感じです。
本当に広くて部屋でパーティが出来るくらい広かったです。
e0195766_12021396.jpg
e0195766_12021611.jpg
e0195766_12021838.jpg
e0195766_12022119.jpg
e0195766_12022372.jpg
ロビーのある1階。
e0195766_12024248.jpg
アンティークな机です。
e0195766_12125617.jpg
ホテルの外観。2週間前に泊まったお城ホテル同様、山の上にあるので、周りは自然がいっぱい。
e0195766_12130045.jpg
e0195766_12130365.jpg
ホテルには庭もある、と書いてあったので行ってみましたが、やはり冬には何も咲いていませんでした。きっと夏になればきれいな庭が見られるのでしょう。
e0195766_12130954.jpg
ホテルから少し歩くと、もともとこの城があった跡があるというので行ってみました。遺跡です。昔むかしにお城は建て直したということでしょうか。
e0195766_12131577.jpg
e0195766_12131896.jpg
遺跡から眺めた景色。ドイツらしい風景です。
e0195766_12132042.jpg
e0195766_12132421.jpg


by withflute | 2014-01-20 12:12 | 旅 ドイツ | Comments(0)

Nrünberg ニュルンベルガーソーセージを食べる

ドイツ滞在の本当に最後の週末に Nrünberg ニュルンベルクへ行ってきました。
この日はドイツの1月といえど青空が広がり良い天気。
e0195766_12003995.jpg
まずはお昼ご飯。
やっぱりニュルンベルガーソーセージ。散策していた時に看板を見かけて、持ち帰りも出来るということだったのでzum Mitnehmen(持ち帰りで)。
e0195766_12003299.jpg
このパンにはさんだのが美味しいのです。ニュルンベルガーソーセージは小さいので、(多分)3本ソーセージがはさまっていたと思います。
e0195766_12003696.jpg
その後は、街を散策。ニュルンベルクには以前クリスマスの時に来たことがあるのですが、その時はすごい人で歩くのも大変だった記憶がありますが、この時は1月。静かでした。

e0195766_12004681.jpg
e0195766_12004339.jpg
この塔の奥でに職人広場というところがあって、ハンドメイドの商品を売っているお店が並んでいるのですが、残念ながらお休み。

e0195766_12004910.jpg
寒いのでカフェで休憩です。右側は私のお気に入り、Rosienensemmel レーズンパンです。
e0195766_12005219.jpg
ニュルンベルクの街を散策した後は、宿泊するホテルへ。
ニュルンベルクから100kmほど離れたところにあるHotel Schloss Eggersberg。
翌朝の朝食。
e0195766_12022682.jpg
e0195766_12023146.jpg
e0195766_12023371.jpg
e0195766_12023696.jpg

by withflute | 2014-01-20 11:59 | 旅 ドイツ | Comments(0)

ミュンヘンで一番古い高層ビル

昨日は本当はドイツ語レッスンの日だったのですが、学校に行ってみると凄い音が。
しばらく前から下のガレージの工事をしていて、コンクリートを砕いているのでうるさいうるさい。
先生が今日はもう無理なので授業を無しにしようと。
他のクラスはどうしたのかと聞いたら、来たけど帰ったと言っていました。
まあ、声が聞こえないのにやっても仕方がないのでそのまま帰ることにしました。

帰る前に先生が、以前話をしていたエレベーターを見に行く?と言ってくれたので、案内してもらう事にしました。

ここはDas Städtische Hochhaus というBlumenstraße にある、1929年に建てられたミュンヘンで一番古い高層ビル。45m、12階建て。今は会社や市の事務所が入っています。
ここにパーテルノステル (Paternosteraufzug) という、 乗降口とかごに扉がないエレベーターがあります。
エレベーターは2人までで、ずっと動いているのでその階に来たら乗るという方式です。観覧車みたいな感じでしょうか。
動いているところをぜひ見たかったのですが残念ながら故障中・・・。部品が古いためなかなか修理をするのに時間がかかるそうです。今度はいつ動くのかな。
e0195766_22575020.jpg

先生はぜひとも見せたかったのにな~と残念そうでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-17 23:19 | ドイツの日常 | Comments(0)

英語でアプフェルシュトゥルーデル作り

昨日の英語のレッスンで先生とアプフェルシュトゥルーデル Apfelstrudel を作りました。
前回のレッスンの時に、テキストにココナッツの話が出て来て、私はココナッツは苦手と言ったら、ちょうど先生がココナッツクッキーを焼いたので食べる?とくれて、こういうお菓子は大丈夫、カレーなどの料理にココナッツが使ってあるのはダメなのです、という話をしていました。
そこからケーキの話になり、アプフェルシュトゥルーデルを次回一緒に作る?と言われたので、ぜひ、ということで、英語で(レシピはドイツ語だった)ケーキ作りをしました。

アプフェルシュトゥルーデルの生地も売っていますが、今日は生地から作るよ、と先生。
私は生地をこねこねする係り。その間に先生はリンゴを刻んだりバターを溶かしたり。
生地の中にはリンゴとレーズンとシナモン。

30分オーブンで焼いて、大きなアプフェルシュトゥルーデルの出来上がりです。
e0195766_8592484.jpg

粉砂糖をかけて、バニラプディングを添えて出来上がり。バニラプディングは粉末を温めたミルクに入れて混ぜるだけだったので簡単に出来ました。
あつあつのアプフェルシュトゥルーデルを頂きました。とっても美味しかったです。
e0195766_8593690.jpg

先生がこれなら自分でも作れるでしょ、と。確かに2人で作ったら簡単に出来たような気がしますが、一人だと時間がかかりそう。でも一度トライしてみたいです。
ポイントは生地に中身をのせて巻く時だそうです。生地が薄いから破れないように布巾をつかってするといいと先生からのアドバイスでした。

作っている途中で先生から、オイルを20ml、わかる?と言われたので、どういうこと??という感じでしたが、アメリカでは液体の単位がmlではなくてオンスなんですね。だから先生は混乱すると言ってました。
ドイツは服と靴のサイズ単位が違うくらいで、速度、距離、温度、量などほとんど日本と同じなので困ることはまずありませんが、確かに全てが違うアメリカから来ると慣れないかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-16 17:45 | 勉強 | Comments(4)

青空のミュンヘン

火曜日は雨が降り途中でみぞれに変わって寒い一日でしたが、翌日はすっきりとした青空。
友人と待ち合わせたマリエン広場へ行ってみると、真っ青な空に新市庁舎とフラウエン教会が見えました。
本当にきれい。マリエン広場のこんな景色は久しぶりに見たような気がします。
e0195766_8571734.jpg
e0195766_8573086.jpg

マリエン広場にある噴水。
実は今までまともに見たことがなったのですが、良く見るとなかなか凝った噴水でした。
灰の水曜日 Aschermittwoch というイースターの46日前に当たる日にここで財布を洗うとお金が入ってくるようになるという言い伝えがあるそうです。
e0195766_8574775.jpg
e0195766_8575842.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-15 23:51 | ドイツの日常 | Comments(0)

楽譜店 Notenfachgeschäft Zerluth

フルートの先生に、楽譜をいくつか買いたいのでお薦めを教えてほしいとお願いしたら、楽譜のリストと一緒にお店も紹介してくれました。
今まではマリエン広場の新市庁舎の下にある楽譜店で買っていたのですが、今回はSバーンのLoferhausenで降りたところにあるお店に行ってみました。Notenfachgeschäft Zerluth
e0195766_8225473.jpg

駅から5分くらいのところにあるアパートをお店として利用してるので、見た目は普通の住宅でした。
中に入ってみると、部屋を2つつなげているくらいの広さで、壁には棚があって楽譜がすらり。
ホームページによると、フルート、クラリネット、サックスの楽譜を専門で取り扱っているようです。
楽譜がたくさんありすぎて自分で探すのは無理そうだったので、リストを見せて出してもらいました。
リストは作曲者名でアバウトに書いてあったため、全て出してもらうのは大変だったので、出してくれた中から自分にあいそうな楽譜を選んで購入しました。
先生は、お店の人はとても親切だよ、と言っていたのですが、その通りでとてもフレンドリーな感じの人達でした。オンラインでも販売しているようです。

楽譜を買った後はダンナと合流して買い物へ。
カフェでクラブハウスサンドを注文したら、思ったものとは違うものが出てきました。
e0195766_823623.jpg

でも美味でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-13 08:22 | 音楽と好きなもの | Comments(0)

ヨーグルト Knusper

以前、飛行機の中でヨーグルトとミューズリーがセットで出てきたことがあって、それが意外と美味しかったので、スーパーで見つけたこれを買ってみました。
e0195766_8104625.jpg

今までヨーグルトとミューズリーを一緒に食べるというのは見た目からあまり好きではないな~と思っていたのですが、食べてみたら結構美味しかったです。
これは、カップの方にミューズリーが別で入っているので、食べる時にヨーグルトに混ぜてサクサク感を楽しむことが出来ました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-13 08:10 | | Comments(0)

冬のイザール川

先週の日曜日は家で過ごして、夕方イングリッシュガーデンへ散歩に出掛けました。
家からイングリッシュガーデンまではトラムで5つくらいなので、散歩がてら歩いていくことが出来ます。
日が落ちてきた頃のイザール川。冬の川という風景でした。
e0195766_802786.jpg

e0195766_804472.jpg

中国の塔がある入口からイングリッシュガーデンへ。ちょっとライトアップされていました。
e0195766_805966.jpg

まだお店がやっていたので、ホットチョコレートとグリューワインを。
段々暗くなって、飲み終わる頃には辺りはすっかり暗くなりました。
e0195766_811347.jpg

帰りはトラムで。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-12 07:56 | ドイツの日常 | Comments(0)

ガスタイクで魔笛

e0195766_8592183.jpg

今日はガスタイクでオペラを見てきました。
フライエ ランデステアター バイエルン Freie Landestheater Bayern がガスタイクの中のCarl-Orff-Saal というホールで上演したDie Zauberflöte 魔笛。

今回初めてここに入りましたが、舞台はそれ程大きくないホールで、1階席と2階席がありました。私達は2階の一番前列だったので舞台が切れることなく見ることが出来ました。
オペラの舞台の背景は最初から最後まで変化なしでした。
同じ演目でも上演する場所や団体で随分印象が変わるんだな~と感じました。
今日のオペラも良かったのですが、昨年の夏、ボーデン湖で見た湖上オペラの魔笛のほうが迫力があって良かったというのが今日の感想でした。もちろん屋外とホールの違いということがあるのでしょう。

面白かったのは今日のオペラの中のパパゲーノ役の人の衣装がレダーホーゼ(南ドイツの民族衣装)だったことと、劇の中にブレーツェルと白ソーセージが出てきたこと。バイエルンと名のつく団体だけあってバイエルン色をオペラに取り入れているようでした。
このパパゲーノ役の男性の歌がとても良かったです。

魔笛は有名な曲、楽しい曲がたくさん入っているオペラなので、何回見ても楽しいです。
ちなみに今日のオペラは休憩を一回はさんで約3時間の上演でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2014-01-11 23:43 | 音楽と好きなもの | Comments(2)