人気ブログランキング |

タグ:ドイツ語 ( 57 ) タグの人気記事

ドイツ語試験に申し込みが出来ない

ドイツ語の試験を受けてみようかと9月頃から考えていたのですが、今日、まだ今月の試験の空きがあるかどうかゲーテ・インスティトゥートに電話をしてみました。するともう今月はいっぱいと言われ、ショック!
ドイツでのゲーテの検定試験は毎月一回あるのですが、申し込み期間が試験日の2週間前くらいになっていて、今日はその申込期間の2日目。でももう満席・・・。
次は12月ですが、これも空席があるかどうか・・・多分(当然?)ゲーテで学んでいる人は優先されるでしょうから、外部の人は難しいのだと思います。
試験の申し込みが出来ないと先生に話したら、先生がもう一つ別の語学学校に電話で聞いてくれましたが、そこは12月も既に空席はなしということでした。
先生に、VHSに聞いてみたら、と言われましたが、ネットで調べたら、私が受けたいレベルの試験はもう年内にはないようでした。
ちょっと頑張ろうかと思っていた矢先だったので、意気消沈・・・。やっぱりVHSやゲーテといった語学学校に行っていた方がそういう試験の時も情報が手に入りやすく、申し込みもしやすかったのかも。今更言っても仕方がないのですが。
もう年内にトライするのは無理そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-11-05 22:43 | 勉強 | Comments(0)

Café Luitpold と ドイツ語の宛名の書き方

昨日はRさんと Café Luitpold でタンデムしてきました。
カフェ ルイポルトと言えば、ミュンヘンの老舗カフェで、1888年創業。
第二次世界大戦で一度破壊されてしまったそうですが、その後また営業を再開したカフェです。
地下鉄Odeonsplatz からBrienner Strasseを少し歩くとあります。
私はコーヒーだけでしたが、Rさんはカボチャとなにかのニョッキを食べてました。
食事も出来るし、 ケーキも豊富。
ガイドブックにも載っているお店ですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。
写真がないのが残念ですが、お店の中は結構素敵な雰囲気。私達が行った18時頃はほぼ満席でしたが、20時前になると空いてきました。夏だと外の席があるので、店内はもっと空いているかもしれません。
年齢層は高そうでした。でも入りにくい雰囲気ではないので一度くらいケーキを食べてみるのもいいかな。値段はまあ安くはないようですが。
このカフェの上にはカフェルイポルトの博物館がありました。(無料)
カフェの周辺の昔の写真や絵、を見ることが出来ました。ドイツ語による歴史の説明も。

今日はタンデムで、手紙の宛名のことを教えてもらいました。
友達にメールや葉書を書く時の宛名の書き方は、やり取りをしているうちに覚えましたが、友達やドイツ語の先生以外にドイツ語でメールを書いたことがありません。
今回、歯医者さんにメールを書く用事があったので、ネットで調べながら一応書いたのですが、いまいちはっきりとわからないので、質問してみました。

というのは、男性宛ての場合、Herr (英語でいうMr.)をつけますが、ネットで調べていたら、Herr(1格)とHerrn(3格)が出てきたので、どういう時にHerrで、Herrnはどういう時に使うのかわからなくなってしまいました。
そして、歯医者の先生だとDr. をつけるので、Herr とDr. は両方書くのかそうでないのか、など。
こういうのはテキストに出てきた覚えがないのですが、私の使っていたものには出てこなかったのかな~。

ということで、Rさんに質問したら、
Dr.をつける場合はDr.のみで良いと言われました。
そして、封筒や葉書の宛名がHerrn(3格)で、メールや手紙の書き出しはHerr(1格)。
Sehr geehrter Herr ○○
ちなみに女性の場合はFrau は1格も3格も同じなので迷いませんね。Sehr geehrte Frau ○○

基本的なことですが、そういった手紙を書く用事もなかったので、今回勉強できて良かったです。

ついでに、Rさんが食事が終わった時には4時の位置にファークとナイフを揃えて置くと食事が終わったと言う意味だと、教えてくれました。
それも知らなかったな~。ただ揃えていただけでした。勉強になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-10-17 03:52 | 勉強 | Comments(0)

タンデムとラーメン

今日はダンナが同僚さんと食事だったので、私はタンデムさんとラーメン屋さんへ行って来ました。
このタンデムさんとは7月末にタンデムサイトで知り合ったのでまだ数回しか会っていませんが、話しやすい人なのでタンデムもやりやすいです。
ネットで知り合うので初めて顔を合わせる時はやはり緊張するのですが、1回目でその人との相性が合いそうかそうでないのか、続けられそうかどうか、なんとなくわかります。もし1回目でどちらかが、うーんちょっと・・・と思えば2回目は大抵ないかな?前に一度そんなことがありました。

このタンデムRさんはミュンヘンに住んでいるのではなく、月曜日から木曜日までミュンヘンで働いて、金曜日は自宅のあるケルンの近くの町へ帰って働くという生活を1年以上しているとのことでした。
以前は地元で日本語を勉強して学校にも通っていたらしいのですが、今はこういう生活をしているので、学校にも行けないということでミュンヘンでタンデムを探していたということでした。
短くても12月まではミュンヘンに来るだろうということだったので半年くらいは続けられそうです。

それにしても最近は箸を使える西洋人も多いのですね。ラーメンを食べたのですが、周りの西洋人、みんな上手に箸を使って食べていました。
タンデムさんも箸を使って食べていたので、箸、上手ですね、と言ったら、まだまだこれは私にとって仕事です、と言っていました。
つまり、箸を持つことに集中する必要がまだあるということでしょうか。
さすがに箸を使いなれている私のほうが食べ終わるのは早かったです。

久しぶりのラーメン、美味しかったです。タンデムさんも美味しかったと言っていたので良かったです。
ドイツ語&日本語で会話もして、タンデムさんはメニューの日本語を読んで勉強していたので、今日も一応勉強したということで・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-08-28 23:32 | 勉強 | Comments(0)

大どろぼうホッツェンプロッツをドイツ語で

買おうかどうしようか迷って結局買いました。
『Der Raueber Hotzenplotz』 大どろぼうホッツェンプロッツの本です。大どろぼうホッツェンプロッツをドイツ語で_e0195766_473392.jpg
大どろぼうホッツェンプロッツをドイツ語で_e0195766_474479.jpg

さて、帰国するまでに読めるかどうか・・・多分無理でしょう。
気長にチャレンジしてみます。
この特徴のある挿絵もいいですね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-03-13 04:49 | 音楽と好きなもの | Comments(2)

外付けHDDとあらすじを語ること

先月パソコンのハードディスク容量を見たらメモりが赤になっていました。
デジカメから写真をおとしてそのままパソコンに保存しており、ドイツに来てからは写真の枚数も増えているのでそろそろやばい、と思って外付けHDDを買いました。
外付けHDDとあらすじを語ること_e0195766_17473350.jpg

写真を移して、パソコンのHDDの中を整理して、メモリの色も青に変わってすっきり。

年末年始が終わり今週からまた通常の生活に戻りました。
仕事をしているわけではない私の通常生活とは、弁当作りとドイツ語学校へ行くことでしょうか。
タンデムS君とは週一で会ってはいましたが、昨日久しぶりにドイツ語の勉強に行ってきました。

まずは年末年始の旅行の話から始まったのですが、私がオペレッタを見に行ったと話をしたら、あらすじを聞かせてと先生が言うのです。
あらすじをドイツ語でって、かなり難しい・・・日本語では頭に入っていても、やはり語彙が少なすぎて話がつながりません。昨日はほとんどこれで終わりました、はあ・・・。
何の話からか、日本の映画の話になって、先生がこの前日本に行った時にブックオフで買ったというDVDを貸してくれました。『卒業』という内山理名さんと堤真一さんの映画。
先生も一度見たのですが(日本語で。)、細かいところがいまいち理解出来なかったからまた今度見ると言っていましたが、私にこれを見てあらすじを聞かせてと。もちろんドイツ語で・・・。
英語でもドイツ語でもそうなのですが、一つの話を短くまとめて説明するというのは難しい、というか苦手ということが良くわかりました。最近は英語のほうでも、物語を2章くらいづつ読んで、それを先生に内容を簡単に聞かせるということをしているのですが、つかえてばかりで一向にスムーズに話せません。
語彙が少ないが一番の問題ですが、文章力というのかまとめる能力というのか、がないのかな~と思ってしまうのです。ああ、年始から意気消沈。でも今年はまだ始まったばかりだし、がんばらないと。

私は今までオペラ、オペラと言っていましたが、オペラとオペレッタは違うのですね。オペレッタという言葉は知っていましたが違いをはっきりとは知りませんでした。
オペラはシリアスなストーリーでほとんどが悲劇な結末、一方、オペレッタは喜劇なので最後は笑いで幕、というものだということでした。これは英語の先生が教えてくれました。一つ勉強になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2013-01-09 19:16 | 勉強 | Comments(0)

Tennoのランチと今年最後のタンデム

今日はクリスマスの祝日明けの平日でしたが、世間は休暇モードらしく街は普段に比べると静かでした。
昨日は仕事に出たオットですが今日は休みだったので、私の英語レッスンの後、Tennoへランチを食べに行ってきました。
平日しかランチをやっていないので、オットは来る機会がなく初のTennoです。
Tennoのランチと今年最後のタンデム_e0195766_6112356.jpg

オットは牛肉と野菜炒め、私は鮭照り焼き。Tennoのランチは味噌汁とサラダも付いて量もちょうど良い感じです。
Tennoのランチと今年最後のタンデム_e0195766_6114187.jpg
Tennoのランチと今年最後のタンデム_e0195766_6115173.jpg

夕方はタンデムS君と今年最後のタンデムをしてきました。今、S君は2週間の休暇だそうです。
クリスマスやジルベスター(大晦日)にドイツ人が何をして過ごすのかというのはドイツ人が身近にいない私にはちょっと興味のあることで、今日S君に聞いてみました。
クリスマスはお母さんや叔母さん達と小さなパーティをして、ジルベルターには友達とレストランに行ってその後オリンピアパークで花火を見るつもり、と言っていました。

花火と言えば、ドイツでは花火は年末にしか売られないものだと聞いたことがありますが、大きな打ち上げ花火は普段は個人で上げることは禁止されているのだそうです。だから新年にかわる0時に打ち上げる花火は特別なものだそうです。ドイツでは花火=冬というイメージなのでしょうか。
S君に日本でも特別な日に花火を上げるのか?と質問されたのですが、日本ではドイツのように新年に上げるというのはテーマパークくらい?日本では花火=夏、のイメージですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-12-29 06:58 | 食 レストラン&カフェ | Comments(0)

ハイツングと新しいタンデムパートナー

今朝は毎年恒例のハイツングメモリチェックの日でした。
これで、来年一年の料金が決まります。なので必ず家にいなければならず、私達のアパートは朝だったので特に用事には影響せず助かりました。
スタートが8時からだったか8時半だっかか忘れてしまって、確か8時半だったな~と思っていたら8時20分頃家のベルがなり、あわわ・・・。シャワーを浴びてまだ髪がぬれていた・・・。
チェックはほんの5分で終了です。
夜の間に雨が降っていたようで道路が濡れていたので、当然靴もの裏も汚れているわけで、ということでハイツングの人が帰った後、床を拭かないと、と思っていたら、何も言わなかったのにハイツングの人は靴を脱いでくれました。住んでいる地域によるのか、人によるのか、オットの同僚の家では絶対に脱がない、と言われたことがあるようです。でも、床掃除をせずに済んだので良かった!

昨日、新しいタンデムさんと会ってきました。彼女は大学生で、専門はドイツ語と言っていましたが、大学で日本語を勉強しているそうです。
彼女はベトナム人。でも英語もドイツ語もベラベラです。私からすると母国語に2ヵ国語を話して、更に日本語を勉強するなんて信じられない・・・という感じです。本当に凄い。
彼女も他にタンデムパートナーを持っていて、でも全員男性で女性は初めてだと言われました。日本人の男性はみんなシャイなんですか?と聞かれたのですが、いや~そんなことはないと思うのですが。どうしてそう思ったのでしょうね~。
彼女は週末にバイト、夜は勉強するから、昼間が都合が良いとのことなので、私にとっても好都合。

彼女とはタンデム探しのサイトで知り合ったのですが、いつもそうですが、初めて待ち合わせをする時は緊張します。顔も知らないのでどんな人かわからないし、話しやすいかどうかも当然分からないし。
サイトでタンデムしませんか?というメッセージをやり取りする時に、この人なら出来るかな~と感じる基準は、メールの文の書き方が一つです。母国語で書いているのにあまりにスペルが間違っていたり、話し言葉ばかりで書いてあったりするとちょっと私には難しいかも、と思います。それと連絡をしてからその返事が戻ってくるまでに相当な日数が空いてしまうと、相手はあまり真剣にタンデムを探していないのかなと感じて途中で連絡をやめます。
なかなか見つからなかったタンデムパートナーですが、ここ最近は順調に良いタンデムさんに巡りあっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-11-28 17:30 | 勉強 | Comments(0)

Nipponoodlesでタンデム

昨日は英語のタンデム、Nさんとご飯を食べに行ってきました。
以前Nさんに、日本食レストランを知ってる?と聞かれたので、知っているお店のホームページをメールしたら、今回はここに行ってみましょう、となりました。
Nipponoodles
このお店は名前は聞いたことがありましたが、私も今回が初めて。

店内はすごく広いというわけではありませんがそこそこの人数が座れる感じでした。
私達は18時半に行ったのですが19時にはほば満席。お店にいる間に見かけた日本人は一組だけ(多分日本人)でした。
メニューはラーメンと焼きそばで、私は味噌ラーメンにコーンをトッピング。Nさんは醤油ラーメンに水餃子とわかめをトッピング。そしてNさんはアサヒビールを注文。アサヒビールがあった!私は気がつかなかったけどNさんはチェックしてました。

麺は太ちぢれ麺。久しぶりのラーメンは美味しかったです。寒くて体が冷えていたけど食べたら体がほかほか!
味噌ラーメンは欲を言えばもう少しコクが欲しいというか、少し薄い感じがしました。今度行ったら醤油を食べてみようかな。
行く前にネットで口コミを見ていたら、評判は結構良いようです。ただこれは日本人のコメントではありませんが。日本人が書いたコメントを見たらドイツ人に合わせた味なのかな~と書いている方もいれば、美味しかったと書いている人もあり人によって違うようでした。
私は麺の硬さはちょうど良かったと思います。店員さんはみんな感じが良かったし。
このお店には日本人の料理人さんがいらっしゃるのですね、知りませんでした。

それにしても、最近は外国の人もみんな上手に箸を使いますね~。Nさんにどこで習ったの?と聞いたら、日本に留学している時に習ったと言ってました。Nさんが言うには、最近は日本食は人気があるからみんな箸で食べようと使い方をマスターするんじゃないかな、と。なるほど。
Nさんは一年間日本に留学していただけあって、日本の食べ物が本当に好きみたいです。わかめを食べられるのかと聞いたら、大好きだと言ってたし。この前、日本食材屋で買った大福食べる?あんこ食べられる?と聞いたら大好きだと言ったので1個あげました。

ドイツ人にはあまり外国の食べ物、特にアジア的な味付けを受け付けない人も多いように感じますが、最近はそうでもないかな。
でもドイツ語のタンデムS君はあまり日本食は食べたことがないようです。ラーメン屋には日本語クラスメートと行ったことがあると行っていましたが。そういえば、前にS君にカキピイをあげたら、それをドイツ人友人と食べたそうですが、不思議な味と表現していまいした。塩味のお菓子でもドイツのものとは違うのでしょうね。ドイツで塩味といったらポテトチップとか?

昨日はご飯を食べながらだったので勉強という感じではありませんでしたが、日本語&英語で話も出来たし、ラーメンも美味しかったので良かったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-11-09 19:45 | 勉強 | Comments(2)

新しい学校か否か

もうすっかり秋。日本だとようやく残暑も終わってこれから秋を楽しむという時ですが、ドイツはもうすぐ冬という感じですね。
木々が紅葉して既に落ち葉がたくさん。今年もあと3ヶ月でおしまい。なんだか月日が流れるのが本当に早いです。

先日のタンデムの日の話です。
タンデムさんは今月からまた日本語の授業を再開したそうです。先日一回目の授業を受けたそうですが、どうだった?と聞いたら、うーん、簡単だった、と言ってました。既に知っていることを授業で習ったようでした。レベルを一つ上げたら?と聞いたら、それはちょっと自信がないな~と。とりあえずそのままのクラスで受けるようです。
そのタンデムさんが苦労しているのは、物を数え方のようで、今日はそれを質問されました。
どうしてこんなに色々違うの~!Oh, mein Gott! と言われました。でも、ドイツ語にも冠詞der,die,dasがあるから一緒一緒と言っておきましたが、確かにかなり複雑です。
一本、一杯、一歳、一台、一枚、一個、一つ、一羽、一匹、一頭、一脚、一冊、一軒、一足・・・特殊なものは日本人である私もわかりません・・・。

そのタンデムさんに、年が明けたらVHSのドイツ語の授業を受けてみようかと思ってるんだけど、という話をしたら、どうして?今の学校では何か問題があるの??と、かな~り真剣に聞かれてしまいました。
いえ、そうではないのですが、あとどれだけここにいられるかわからないので、また他のところでやってみたくなったんです、と言ったら、でもVHSは人数が多いと聞くから、なかなか発言する機会がないよ、と。
確かにそうなんですよね。昨年3ヶ月通っていた学校はそれほど大所帯ではありませんでしたが、12~15人くらいでもなかなか話す機会がなかったかも。積極的な方ではないので、他の人が話しているのにそれにかぶせて自分が発言するということは出来ないので、完全に他の人に押され気味というか押されていました。
そう言われてしまうとどうしようかな~と迷ってしまいます。
今の学校は日本人のための学校なので授業以外でドイツ語を話すことはありません。出来ればもっとドイツ語で話をしたいな~と思うのですが、昨年通っていた時の事を思い出してみたら、授業以外で他の人と話をしたかといえばしていなかったな。ということは、またそういう学校にいっても同じことで、逆に発言する機会が減ってしまうかなとも思ったり。
英語が出来れば他の人との会話も広がるのかもしれませんが、それもなかなか難しいし。いっそのこと、英語を習いにVHSに行ったらドイツ人の知り合いも出来るかも?なんて考えたりもしますが。
ドイツに住んでいても、仕事をしているわけでもなく、家では日本語のみ、となると、自分で何かしないとなかなかドイツ語も英語も話す時がありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-10-08 05:02 | 勉強 | Comments(2)

ドイツ語1年半

気がつけばもう7月、今年も折り返しです。
ダンナのドイツへの赴任期間が丸3年を過ぎようとしています。
私は1年以上遅く来ているので、ビザを取ってからはまだ2年弱ですが、あっという間に過ぎたような、そうでもないような。026.gif

ドイツに来た当初は、3ヶ月だけ滞在して日本へ一旦戻るつもりだったので、ドイツ語学校には行っておらず、フルートだけ、先生が運よく見つかったので、週一で通っていました。
なので、ほぼ引き込もり状態で一日中ネットサーフィン。気が付いたら外が暗いという日々。
当然知り合いが出来るわけではなく、フルートの先生ともほぼ会話はなく、楽器を吹くことで意思を伝える(?)という感じでした。

ドイツ語を始めて1年半が過ぎましたが、正直どうなのこのレベルの低さは・・・という感じで自分が嫌になります。
でも自分がやろうと思った事はやらないと気が済まない性格なので、まだ辞めずにやっています。
ドイツ語を勉強しても日本へ帰ってしまったら使うこともないだろうし、と思うと意味があるのかな~と悩むこともあり、その繰り返しで1年半が過ぎました。

語学の勉強を辞めてしまったらここでする事がなくなってしまうような気がして続けているのもあります。他に何かを見つけてやってもいいのでしょうが、例えば日本に帰った時のためにまた別の勉強をするとか?
あとはフルートの先生と会話が出来るようになりたいと思ったことも続けている理由かもしれません。

最初、ドイツでフルートに通いだした時は、正直、行きたくないな~と思いました。なぜかって、もちろん会話が出来ないから・・・。フルートは習いたいけど話せないし、先生が言ってることがわからないし、という状態だったので、1時間のレッスンは結構長く感じました。でもフルートだけは続けたかったので、言葉がわからなくても先生が楽器で吹いて教えてくれるのでそれでもいいかな、と思うようにしました。

最近ようやく先生の言っていることに反応出来るようになったような気がします。
レッスン中は先生はほぼ英語で、たまに英語の単語が出て来ないとドイツ語になったりしますが、前よりは先生の言っている言葉の意味がわかるようになりました。多分・・・。
この頃はレッスンが終わって楽器を片づけている時に、自分から何か話すように努力中です。せっかくドイツ人の先生と会っているのだから!と思って。天気のことや、週末のこととか、休暇のこととか、大した内容にはもちろん発展はしませんけど。
今日はちょうどレッスンに行ってきたのですが、ちょっと話してきました。先生も私のつたない話を聞いてくれるのでうれしいです、先生ありがとう!あとどれくらい習えるかわかりませんが、フルートの教え方も上手で、良い先生に巡り合えて本当に良かったです。

それにしても、英語もドイツ語も、単語を頭の中で探りながらでも上手く言葉が出てくる日と、全く言葉が浮かばない日があるのはなんでだろう。自分の気持ちの持ち方もあるのかな。私は普段の生活でもそうなのかもしれないと、最近思うのですが、気分がのらないと言葉がテンポ良く出て来ないのかもしれません。困ったものです・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by withflute | 2012-07-06 03:05 | 勉強 | Comments(4)